<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

仄暗い部屋の隅から

c0150209_17393306.jpeg
体調崩して4日目。
医者に無理するなと注意され出勤を見送った。
我が家の玄関の脇に位置する自分の部屋で、横になっていると、昼間はほとんど何も音がしない静けさに包まれている。しかも、ブラインドを下ろしているので、雨天の今日は仄暗い。

特に何があったわけではないが、寝込んでいた3日間(一回出勤後早退)の内に、不思議なことが二回あった。
一つは、我が家の玄関口に人の気配がし、どうもドアノブあたりをさすっているような音。まだ16時過ぎの頃合いの日曜日。どこかの子供が家を間違えたのか?
息をひそめるような人の気配、ドアノブあたりをさするはっきりとした音、そして進捗しない事態。
しばらく耳をそばだてていた僕が玄関に行くと、二つの鍵のうち、一つがまだ施錠されてなかった。僕は、しっかり音を立てて施錠をした。覗き穴を見たくもあったが、運悪く自分は寝巻きの上に、玄関には子供の自転車(お世辞にも綺麗ではない)が鎮座しており、こいつをかき分けないと覗けない。めんどくさいので、覗くのはやめた。
その後何も音はせず、気配も消えた。
これが一つ。

二つ目。
何やら足音が我が家に近づいてきた。
トコ、トコ、トコ、→足音止まる
足音が止まったので、次はドアがバタン、って音がしたりするのかなと思って待っていたが、何も音がしない。
次のアクションが、音の面で一切分からなかった。
そこまでコツコツと足音響かせてた人が、ドアを静かに開け閉めし、摺り足で中へ入っていったのか?
足音の主は、我が家の数歩手前で忽然とその存在を消し去った。

と、大したことない出来事をクローズアップしてしまうほど、安静にしてることは退屈であった。

そして、子供達が帰ってくると、死に絶えたように静かだった我が家が蘇る。
ほんと、子供の生命力って、凄い。


[PR]

by masa-stones | 2018-06-20 17:38 | 日常に語る | Comments(0)  

カブちん再臨

c0150209_18554095.jpg
体調を崩して寝込んでいた日曜日。
友達の家に行ってた息子たちが、カブトムシのつがいをもらって帰って来た。
なんと、そのお宅では大量のカブトムシが成虫になり、100匹以上がいるんだとか。こわっ。
頼むから貰ってくれ、と言うことで頂いて来たとのこと。
名前は、オスがカブちん、メスがメスちん。
そして、僕の部屋に虫かごを置いて去っていく息子、娘、そして妻。

おいおい、昨年に引き続き、また僕が世話するんかい!


[PR]

by masa-stones | 2018-06-18 18:58 | 日常に語る | Comments(0)  

AIと政治家

6月8日の日経新聞の「大機小機」欄は、AIと政治家という記事だった。
文章に対する表現として適切かどうか分からないが、これがなかなかウイットに富んでいて面白かった。

霞が関の官僚の、国会答弁づくりという仕事。これはAIが威力を発揮するような分野なのだとか。
そして答弁に立つ対する政治家(→記事にはこうあるが、要するに閣僚だろう)もAIロボットにしてしまえばいいと。
うん、いい考えだと思うね。
生産性の無い答弁づくり、そして答弁を読み上げるだけのヤラセの国会審議なんて、無駄だ。
政治の分野でも、人間にしか出来ない事を厳選して、こういったムダなことは、AIやらロボットやらに任せてしまえばいい、と。

さすが経済新聞。

でも、AIやらRPAやらに接していると、サイバーダイン社(某映画の中の企業で、実在の企業ではなくて)のことを思い出してしまう。
いつかAIが、自らは人間よりも優れていると自己認識し、制御不能になってしまうという、不安感。

とある講演会での専門家の発言では、AIはそんなレベルには全く達していない、と言う。
それでも。
人間にしか出来ないことを厳選して、ほかはAIに任せりゃいい、と気楽にのたまえるのは、あと何年なんだろうと、ふと思ってしまう。







[PR]

by masa-stones | 2018-06-12 23:50 | 時事論 | Comments(0)  

Acquiesce by OASIS

今日の一曲 Acquiesce by OASIS
学生の頃、夢中だったオアシス。
名曲は数知れず。どれが一番好きかというと、なかなか難しい。
ロックナンバーが多いけれど、実際にノリがすごくいい曲って、それほど多くないのもオアシスかな。
そんな中、A面シングルではないけれど、ファンにとってはかなりポイント高いのが、このAcquiesce。
この曲は、リアムとノエルの掛け合いが、かっこいい。
よく学生の頃、相棒と大声で歌って車を走らせたっけ。
今でもIpodからかかると、テンション上がります。



[PR]

by masa-stones | 2018-06-09 00:04 | 音楽に語る | Comments(0)  

山田錦 ゆきの美人 生酒

c0150209_23292214.jpg
義妹が秋田土産で買ってきてくれたお酒。
発砲がプチプチと弾けて、甘みのある丸い舌触り。若い酒の躍動感というと大げさですが、実にうまい。
これは、6号酵母のせいなのか?精米歩合が55%でありながら、他の銘柄で純米大吟醸と言われても分からないのでは?と思うほどの出来栄えでした。うまい!



[PR]

by masa-stones | 2018-06-04 23:31 | My Favorite | Comments(0)