<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

Never Let Me Go 〜わたしを離さないで〜

c0150209_00083547.jpg
ノーベル文学賞受賞の、日系イギリス人作家、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」を読んでみました。
ネタバレしちゃうと難ですので、ここでは詳しく書くのは控えますが、結論から言って、完成度の高い作品だなって思いました。
本を読んで、何とも言えない哀しさを感じる体験って、そうそう無いと思うのですが、この作品は読んでいて、すっかり中に引き込まれてしまうシーンがありましたね。
本の背表紙にはこう書かれています。
「優秀な介護人キャシー・Hは、「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度・・・。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていくー」(ハヤカワepi文庫「わたしを離さないで」背表紙より抜粋)
最初本屋で手にとってみたのは、とにかくカズオ・イシグロの作品を、何か読んでみたかった僕が、一番惹かれたタイトルだった、という単純な動機でした。そして、眺めた背表紙のコメント。当初は、さっぱり分からず、どんな話なのか想像もつきませんでした。
が、読み終えた今、ここに書かれていることの意味が分かると、物語を予感させるのに十分な短文だなって思いますね。上手です。

映画にもなっているこの作品。
この作品については、ぜひ映画も見てみたいですね。
そして挿入歌の「Never Let Me Go」も、これまた物語に引き込んでいくのに十分すぎるほどの素晴らしさがありました。
小説も歌もオススメです。


[PR]

by masa-stones | 2017-11-16 00:17 | | Comments(0)