<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

15の夜

今日の1曲、15の夜 by 尾崎豊

ずいぶんと久しぶりに聴いた、15の夜。
僕がデュオでギターを弾いて歌っていた頃、友達と二人で「26の夜」なんて曲を書いたりした・・ってことを書くのはさておき、これは尾崎豊の名曲だ。

改めて、落ち着いて、社会人として埃まみれ、垢まみれになった自分というフィルターを通して聴いてみると、ちゃちなこと歌ってるよなー、甘いわ、と思ってしまった。
すでに心に響かなくなってしまった、10代の心持ちを歌ったこの曲。
そんな僕にだって、この曲が随分と心を捉えた季節は確実にあったにも関わらず、だ。

甘いわって思ってから暫くの間、なぜか気になったこの曲を、何度か聴き直してみたりした。
終電間際まで残業を繰り返す日々、電車のシートにぐったりと体を沈めて、この曲を流してみる。
すると、だんだんと、この曲を受け止めていた10代半ばの風景が思い出されるようになって来た。それと同時に、再び僕に鮮やかにこの曲が舞い戻って来た感じがした。

身を粉にして働くだけが俺たちの全てならば?

心までも大人になるのは、成長して来ている以上、当たり前の事なんだけど、10代の心持ちだって、どうせなら持ち続けて生きて行きたい。かなり無駄な肉が体にまとわりついて、痩せて細身だった10代の僕は埋もれてしまっているけど、あの頃の僕は確実にこの中に生きているのだから。

この曲を聴きながら目を閉じれば、横浜の丘から望んだ根岸湾の夜景が思い出される。
嫌で嫌で仕方なかった中学だとか、丘の上の公園だとか、闇夜に浮かぶ自動販売機だとか、遠くに見えた米軍関係者居住地のオレンジ色の灯りだとか、ベイブリッジだとか。

さすがにバイクは盗まなかったけどね。

[PR]

by masa-stones | 2016-04-29 16:25 | 音楽に語る | Comments(0)  

フリーズ

c0150209_00180658.jpeg
時々、マンション内の非常階段に行って、都心方向の夜景を眺めてみる。言葉ではうまく表現できないけど、思考を止めて、ただ眺めてるだけの刹那が、欲しくなったりすると、足が向くのが、この風景。

[PR]

by masa-stones | 2016-04-26 00:16 | 場所に語る | Comments(0)  

ブラック

c0150209_10390415.jpeg
とある日曜日の夜9時半過ぎの、我が社の本社建物の様子。休日出勤らしき灯りがちらほら。
明日月曜日だってのに、この人達はなにやってるんだろ。
かく言う、僕もこんな時間から残務処理だなんて、なにやってるんだろ。
言うまでも無いが、我が社は超ローカルな職業のため、時差を意識した業務なんぞ皆無。
社員に無理を強いなければ回らない仕事量って、一体なんなんだろ。
特に我が社は、せけんに模範を示さなきゃいけないはずなんだけどな。

[PR]

by masa-stones | 2016-04-18 10:38 | この頃思うこと | Comments(0)  

節句

c0150209_14482739.jpg
桃の節句。
娘は今年2歳です。
保育園の制作物と一緒にぱちり。
ひな人形が飾られると、家の中が華やかになりますね。

c0150209_14495209.jpg
そして、端午の節句に向けて、ただいま展示中の鎧兜。
鎧は無いけど・・・。
こちらは毎年恒例の被り物。
こんなことをやれるのも、いまだけですね。



[PR]

by masa-stones | 2016-04-17 14:53 | 日常に語る | Comments(0)  

獺祭 純米大吟醸50 × 焼蛤 by 大坂屋

c0150209_14201226.jpg
食べかけ・・・ちと見苦しくて失礼しました。
亀戸の、はせがわ酒店を覗いたら、たまたま置いてあった「獺祭純米大吟醸50」。
とっても楽しみで、しばらく冷蔵庫で冷やしておりました。
一方手前のものは、千葉名物の焼蛤。
千葉市中央区は登戸にある「大坂屋」の逸品です。甘辛なタレがじっくりしみ込んでいて、これが旨いんだ。こちらも少し前に入手して、楽しみにしてしまっていたものでした。
この日は、早々と子供達が寝てくれたので、妻と一緒にテレビを見ながら、くいっといきました。

獺祭は、まあるい感じの舌触り。やや辛口でコクのある味わいでした。とても美味しいです。
そこに甘辛な焼蛤をつまんでみる。食べると味わいがじゅわっと滲み出て来ます。これまた旨い。

長州の酒に、房州の肴。

幸せな夜でした。


[PR]

by masa-stones | 2016-04-17 14:27 | My Favorite | Comments(0)  

Kitchen & Cafe 和おん

c0150209_14090779.jpg
閉店してしまったサンストリート亀戸と、緑道公園を挟んでお向かいにあるのが、Kitchen & Cafe 和おん。
春の嵐の日曜日。首都高速の高架下にある公園で1時間くらい娘を遊ばせ、お昼ご飯をファミレスで、、、なんて思って駅の方向に歩いていた途中に、こちらの店がありました。
以前から、あるのは気付いていたのですが足が向かなかったこちらのお店。
今日は雨で空いていたので、チビと一緒でも許されるかなと思って入ってみました。

いわゆるカフェかと思ったら、結構ちゃんとしたお料理(定食?)を出してくれるお店でした。
タコライスとか、ハッシュドビーフとか、うわー旨そうやなって思ったけど、今回は娘が食べられそうな焼うどんを注文。
これがですねー、優しい味付けで、丁寧なお仕事って感じで、美味しかったですよ。
娘もいつもは麺ばかり食べるとこですが、野菜もちゃんと食べてくれました。これにデザートと飲み物がついて750円ですから、コスパもナイスです。

デザートのベイクドチーズケーキを娘に狙われつつ、そして少しずつ奪われつつ、満足度の高いランチタイムでした。

娘と二人のデートランチ。
楽しい週末の昼下がりでした。


[PR]

by masa-stones | 2016-04-17 14:14 | 食べ歩き | Comments(0)  

蔵元創作料理 天青

c0150209_13562051.jpg
ちょっと前に「熊澤」というお酒の画像をアップしましたが、今回は湘南最後の蔵元という、この熊澤酒造の直営レストラン、「蔵元創作料理天青」のご紹介です。
もう、こんな事を書いてあるだけでワクワクしちゃいますよね。
蔵元直営ですから、蔵元のお酒にバッチリ合う料理を楽しめちゃう訳です。
c0150209_13594681.jpg
ここ、実に料理が美味しいです。
そして「天青」銘柄の吟醸酒もたっぷり楽しめます。
色々なタイプの「天青」を呑み比べする事も出来るのは楽しいですよね。ここもご多分に漏れず、呑み比べセットなるものがあります。
私は個人的にそういう飲み方って、そんなに得意ではないのですが、お好きな方には最高でしょう。

日本酒ビギナーの私にとって嬉しかったのは、チェイサーで仕込み水を貰えること。
きっと珍しい事ではないのですが、私自身初めてだったので、嬉しい限りでしたよ。

問題は、自動車じゃないとアクセスしづらい場所にレストランがある事ですね。
誰かしら、ハンドルキーパーがいないといけないのが辛いところです。

いやー、本当に素敵なお店です。





[PR]

by masa-stones | 2016-04-17 14:04 | 食べ歩き | Comments(0)  

セクション内停車だって。

毎日残業続きで疲れていますが、今日は23時前に職場を出られてラッキーな日でした。
いつもより15分も早い電車に乗れて、喜んだのもつかの間。走り出した電車を止めたのは、隣駅の緊急停止ボタン。
すると電車が止まった途端、車内は停電になってしまいました。
このくだりで、なにが起きたか分かる方は、鉄分多めの方ですね。
私ははっきりとは分からなかったので、スマホで調べましたが、タイトルに掲げた場所に停車をしてしまったのが原因でした。
要するに、架線と架線の繋ぎ目に止まってしまったのです。この場所で再度電車を動かそうとすると、大きな電流が流れてしまい、架線を焼いてしまうことがあるので、運転手は一度全部のパンタグラフを下ろし、セクションにかかってない場所のパンタグラフを確認の上、それだけを使って電流を流し、セクション外まで列車を動かすのだそうです。
そういや、このセクション何某で電車動かそうとして、架線を切断してしまったとか、そんな事故ありましたよね。
結局、車内停電したまま、ゆっくりと少しだけ走り、再び停車すると、間も無く電灯が復活、電車は走行を再開しました。

なかなか珍しい体験でしたが、はっきり言って大迷惑でしたわ。時間返せと言いたくなる。
が、まあ、しかたないもんねぇ。

やれやれ。

[PR]

by masa-stones | 2016-04-04 23:34 | やれやれ | Comments(0)  

こんなんじゃいけないのは、分かってるけどね。

c0150209_00341461.jpg
熊澤酒造の「天青特別純米酒」。

僕は元々、そんなに酒を飲める方ではない。
せいぜいビールを2杯程度、日本酒だったら1合で十二分。
しかも、週末にちょっと飲めれば、それで十分だった。
でも、この頃はちょっとだけ、そう、たしかにちょっとだけなんだけど、酒の量が増えて来ている。
理由は簡単。要するにストレス解消の手段となってしまっている。だから飲んでしまう。

きっと、世間的に見るならば、はっきりいって、大した事の無い変化だとは思う。
だって、週末飲んでた人が、ウィークデーもちょっとだけ飲むようになった程度だから。

でも、これは僕にとって決して良い事ではないのはよく分かっている。
だから時限的なものとして、自分に許している状況だ。
おかしいもん。日曜の夜12時過ぎて、日本酒パカパカ飲んで、チョコレート齧ったり、イカをむしゃむしゃ食べたり。

だけども止められない。
止めてしまったら、自分を保てるか分からないし。
かといって、こんなのはいつまでも続けられない。
だからいつかはきちんと足を洗う。
手段としての酒ではなくて、選択肢としての酒という次元に戻すためにも。

でもねー、いまは呑んじゃうー。
だってストレス溜まってんだもん。はっきり言って、呑まなきゃやってられんわ。
けっ。




[PR]

by masa-stones | 2016-04-04 00:39 | この頃思うこと | Comments(0)  

え?なにそれ。

息子が、
「ねー、パパー、じゃんけんしよー。」
そして僕が、
「いいよー」
2人で、
「最初はぐー、じゃーんけーん、ぽんっ!」
息子が、
「…なぞ。」
といって、グーをだした僕は一瞬??となった。
え?なにそれ?

そのあとパーを出してきた息子。
って、それは後出しじゃないかー!

つまり、一度は「謎」と言って、グーチョキパーどれなのかを隠しておいて相手の手を確認してから、勝ちとなる手に切り替えるというもの。。
って、なんだそりゃあ!

保育園では、まかり通るローカルルールだったとさ。
おしまい。

[PR]

by masa-stones | 2016-04-02 23:35 | 日常に語る | Comments(0)