<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

菊水〜夏の大吟醸生原酒〜

c0150209_23294345.jpg
菊水の夏の大吟醸生原酒。
口当たりは最初甘く、フルーツのような香りが鼻を抜ける。
喉を通ると熱さが広がり、ほのかに苦みを残す。
なんか、新鮮な酒って感じ。
そりゃそうだ、生原酒だもんね。
美味しかったなあ。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-29 23:32 | My Favorite | Comments(0)  

晩酌

c0150209_23334279.jpg
タフな仕事をなんとか乗り切って、ケジメの一杯はこれ、サッポロ黒ラベル。
本来なら僕にはちと甘めなビールで、そんなに飲まないけど、今日はそれなりの達成感があったせいか、かなり旨い晩酌になった。
僕がすがる言葉である「やれるだけのことはやって、あとのことは心の中でそっと心配していれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ(by 勝海舟)」。
確かになるようにしかならなかったけど、なんとか乗り切った。
タフな1日だったなあ。
明日からも、きっとタフだから、とりあえず今日は自分にお疲れ様でした。

・・・やれやれ。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-25 23:34 | やれやれ | Comments(0)  

三峯神社 奥宮

c0150209_22311126.jpg

三峯神社に到着して、境内の案内図を見て気付く。
やはり奥宮がある・・。
しかし、この奥宮。山道を「ゆっくり歩いて」1時間半かかるところにあるとのこと。下界に下りる最終バスは16:45。残り3時間ほど。はてどうしよう・・・、行こ。
不十分な装備で、少々不安。そして「熊出没」のサイン。本当は鈴をつけながら山道を行く必要があるが、鈴は持っていない。なので、落ちてた枝で、木を叩きながら歩く・・・と、枝はすぐに折れる。
仕方なく、舌打ち(とは、ちょっと違うのだが)で音を山に響かせながらの登山となった。
c0150209_2234491.jpg

ちなみにこんな山道です。
巡礼の道。熊野古道を思い出しますが、殆ど人は行き交わない。静かな山道です。すれ違う人は、本格的な登山装備を備えてたりします(登山道は途中で奥宮方向と、雲取山方向に別れてます)。
c0150209_22394630.jpg
しかし本当にこの山道は甘くなかった。
最後の最後に、こんなところが。
奥宮に至る手前には、傾斜が急な階段があり、そしてあまりにも急すぎるので階段すらなくなり、鎖が垂れ下がる斜面・・。要するに、鎖を使いながらよじ登る。申し訳ないけど、今回は僕1人で良かった。家族が一緒では、ちょっと厳しすぎる奥宮詣だ。
そして登りきると、ようやく奥宮。静かにお鎮まりになっていた。
c0150209_2244277.jpg

ここは、標高約1300mほど。
たったの200mしか登っていないが、結構急な山道だった。実際には約1時間で到着出来た。奥宮様に、道中の無事を感謝して、束の間のひと休み。
c0150209_22463433.jpg

奥宮の少し下から眺めた上州方面の山並み。
稜線が折り重なるように山が連なり、幽玄な風景が広がっていた。昔々の修行者たちも、ここへ訪れたのであろう。今でこそ僕のような素人でもここまで来ることが出来るが、昔の人達はいったいどうやってここまで詣でたのだろう。信仰心がなせる業なのか。
遥か昔の参拝者達に思いを馳せながらの奥宮詣でした。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-14 22:52 | 旅情編 | Comments(0)  

奥秩父 三峯神社

以前から気になっていた、三峯神社。
僕は地図を見るのが好き、そして山奥が好き、言わずもがな神社好き、ということで、結構前から地図上で見つけたこの神社が気になっていた。今日は一念発起して、詣でることにしました。
池袋から西武特急で1時間半ほどで、西武秩父に到着。その後、バスに乗り換えて、山道を揺られること1時間15分ほど。
標高約1100mに鎮座する三峯神社に到着しました。
c0150209_22171469.jpg

こんなの初めて見た、三つ鳥居。

c0150209_22183867.jpg

かなり山奥にあるので、相当ひなびた神社を想像していたのですが、かなり整備が行き届いていて意表をつかれました。イメージとしては、相州の大雄山みたいな感じかなと思っていましたが、明るい境内です。
でも、そこはご神域。空気が清浄で気持ちがよく、清々しいです。

c0150209_22204780.jpg

本殿に、また驚きました。
立派な建物であると同時に、その色鮮やかな装飾の見事なこと。
神社の建物は、赤塗りや白木が多いような感じですが、ここは実に様々な色が彫刻に施されています。

c0150209_22222411.jpg

本殿の前には、大きなご神木が二本あります。
この神木に触れることが出来るのですが、生きている、木のぬくもりを感じさせてくれました。

御朱印をいただき、大満足。
この境内には、宿泊施設があったり、日帰り温泉があったり、三峯神社をモチーフとした地酒が売っていたりと、ちょっと意外な神社でした。しかも、ここ標高1100mっすよ。
いや、逆に標高が高くて下界と遠く隔離されており、冬期には雪に閉ざされてしまうからこそ、これだけ施設が充実しているのかな。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-14 22:24 | 旅情編 | Comments(0)  

獺祭

c0150209_21535297.jpg

獺祭、初めて飲みました。
大きな居酒屋だったので、ラベルを見せてもらうことは出来ず、メニューを写真に撮りました。
ワタシの印象は、甘くてしっかりと腰の据わった味わい。全体的にまあるい感じ。でも、あまり上立ち香は強くない感じだったかな。
美味しかったでーす。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-14 21:56 | My Favorite | Comments(0)  

馬子にも衣装

c0150209_22433371.jpg

なぜか?
本当に不可解な経緯から、なぜか、とある賞を受賞することとなった息子。
さすがに普段着で壇上に登る訳にもいかないので、急遽しつらえた一張羅。
馬子にも衣装とは、よく言ったものだ。

一応、無事に表彰式を終えました。
息子は本番に弱く、これまで保育園の生活発表会とかの晴れの舞台では、たいてい怖じ気づいて泣くパターンが多かったのですが、今回は見事に務めてくれました。
はて、なんで表彰されたのか、丸っきり分かりませんが、良い経験値を積めましたね。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-08 22:47 | 由縁 | Comments(0)  

離乳食スタート!

c0150209_22284898.jpg

ムスメ、初音は、6月7日で、ハーフバースデー。
本当に早いもので、もう半年です。
二人目だからという言い訳は、本当は言いたくなかったけど、でもやっぱり二人目の育児は、少々雑になってしまってます。すっかり彼女の成長を見逃してしまっているように思えて仕方がない・・。
いつの間にやら、半年が過ぎてしまってた感じです。
お腹と腕の力で推進力を生み出す「ずりばい」も、ちょっと前から開始したかと思えば、一週間も経たないうちに、スイスイ進むようになっています。動けるようになったのが、とても楽しいようで、スイスイとあちこちに馳せ参じては、玩具やら家具やらに噛み付いています。うーん、お転婆ムスメ・・。

そして、今日から離乳食をスタート。
お兄ちゃんが見守る中、おえっ、とせずに、きちんと食べてくれました。悠成のときは、少し不思議そうな顔を浮かべながら離乳食を食べていたのですが、初音は平然と食べてました。うーん、何か強い娘になりそうな気配が漂うなあ。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-08 22:35 | 日常に語る | Comments(0)  

奥日光・中禅寺湖・男体山

c0150209_024316.jpg

先日、友達家族と一緒に、久しぶりに奥日光へ行った。
中禅寺湖の湖上から眺める新緑の奥日光は、とっても気持ちの良いものでした。やはり、僕は奥日光が好きなんだよなー。

そして、以前から気になっているのが、男体山。
稜線のとても綺麗なこの山は、人を魅了する。是非、いつか登山して、山頂から中禅寺湖を見下ろしてみたいものだなーと、湖上から山頂を眺めていたら、ふと何かあることに気付いた。
そして、望遠レンズをカメラに装着してぱちり。
何が映っているのか。。。
c0150209_026483.jpg

中央、山頂部にあるのはお社。
中禅寺湖のほとりにある、二荒山神社の奥の宮?らしき建物が見えました。
いつか、あそこまで登ってみたいものだなー。
[PR]

by masa-stones | 2014-06-07 00:30 | 場所に語る | Comments(0)