<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

茶コーラ

c0150209_22495125.jpg

なぜか、山梨県でゲットした、静岡ご当地ドリンク。
僕は茶コーラ、妻は富士山サイダーをチョイス。

茶コーラ。
悪いけど、マズい。
むかし駄菓子屋で売ってたコーラみたいな、薬っぽい味がする。

富士山サイダー。
これは、ウマい。
ご当地サイダーがいっとき流行ったし、湘南サイダーや鎌倉サイダーとか、いくつか飲んで来たけど、これは上位クラスだ。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-21 22:52 | 食べ歩き | Comments(0)  

なんともかんとも

いかんともし難い。
世の中難しいことが多い。
そんなとき、やれやれ、と言いたくなるのが、ハルキストのワタシ。
でも、そんなやれやれでも、どうせ言うなら生産性のあるシチュエーションで言いたい。
全くもって生産性の無いシチュエーションで言い放つ、やれやれ、は、あんまり言いたくない。

とは言え、社会人生活は、自分の意のままに物事は進まない。
相手のあることだから、自分の思うようには進まない。

そりゃそうだ、頭じゃ分かっている。
やれやれ。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-18 23:02 | やれやれ | Comments(0)  

レスリング除外候補?

随分と大騒ぎになってますな。
レスリングを、オリンピックの中核競技から外すという提案を、IOC理事会が決定したというニュース。
色々な要因が分析されるという報道がなされていますけど、結局のところは、レスリング関係者による、IOCの有力者に対するロビー活動が不足していたってことかな。
ロビー活動なんて言うと、ちょっと政治的な感じもするが、よーするに、いくら金を積んだか、ってことなんでしょ。レスリング業界は、これから必至になって金を積むんだろうな。

しかし、このIOCの連中って一体何者なんだろう。
勝手な憶測だけど、まともな人間は誰一人いなそうな気がする。オリンピックを招致したい側としては、何としてもこいつらをなびかせて、有利な票を投じさせたい訳だから、それを知った上での行動を取るのが、人間の性だろうに。

東京へのオリンピック招致活動で、我々の税金が、私腹を肥やすIOCの連中の懐に入っていくのは、いささか気に食わんな。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-13 23:21 | 時事論 | Comments(0)  

趙昌仁 カシコギより

「あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人が、なんとかして生きたかった、なんとしてでも生きたかった今日なんです」

うーん、胸に響きます。
一日一日を大切にせねばと思うけど、結局いったい何を残せているのであろう?
[PR]

by masa-stones | 2013-02-13 00:08 | 語録 | Comments(0)  

食い倒れ三連休

三連休。
結構食い(飲み?)倒れな感じでした。
初日土曜日は、職場の男子チームで、浅草の神谷バーに初挑戦!
c0150209_23322150.jpg

僕は、本当に生まれて初めて、念願かなってようやく来る機会を得たのでした。食券制の和洋折衷なバーは、職場のボス曰く、昔はこういう食券制の店も多かったそうです。
電気ブランは、どでかい中ジョッキをチェイサーに飲むのが定番?のよう。電気ブラン、電気サワー、電気ソーダと、三役そろい踏みを味わいました。
味のある、シブいオッサン達の憩いの場的なお店でした。実に面白い!
その後、北千住で1、2を争うほどの有名居酒屋「千住の永見」で、バイト時代の仲間と久々のリユニオン。皆年を取りました。

日曜日。
昼は有楽町の無印良品にあるCafe & Meal Mujiでランチ。
ここって和食のお惣菜が色々とチョイスできるランチがとてもグッドでした。いつもすごく並んでいるけど、席が多いせいか、列はサクサクと進むのです。気楽で、美味しい、清潔感のある店ですね。

その後、川崎大師に遅ればせながらの初詣。
ここにはいつも2月とか、ちょっと時期をずらして初詣をするのが私流。
ここ数年の我が家の楽しみになっているのが、表参道にある住吉屋総本店で食べる久寿餅とお麩餅。
c0150209_23384594.jpg

子どもの頃から、川崎大師に初詣をしているので、久寿餅と言えば住吉屋だったのですが、亀戸に住み始めてからは、亀戸天神の船橋屋の方が美味しく感じています。でも、直営店で食べる久寿餅は、船橋屋にも負けないくらい美味しい(と感じます、私には)。しかしながら、それよりもこのお麩餅は、なかなかの逸品です。お試しあれ。

建国記念日。
我が家に両親を迎えて、祖父母と我が家3人で囲む食卓でした。
c0150209_23412753.jpg

いわゆる、おふくろの味。これは、我が家の我流揚げ餃子です。母と妻と私で、せっせと餡を乗せた餃子の皮を包みました。僕は、それこそ何年振り?ってくらい久々だったので、たじたじになりながらら、包みました。
たくさんの家族で囲む食卓は、とても良いものでした。

しかしよく食べた三連休だったわ。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-11 23:43 | 食べ歩き | Comments(0)  

インフル

息子がインフルでダウン。
1歳のくせに、いつも元気で、あんまり体調を崩さない。
そんな息子が、元気一杯に声を出せず、咳き込んだり、熱でぼーっとした表情を浮かべたり、痰が喉にひっかかって苦しそうに泣いてたりすると、可哀想になってしまう。

とは言え、こちらも伝染されてしまうと、仕事がマズいことになってしまうので、気も抜けない。
取りあえず昨日発熱、今日インフル判明、明日を何とかこらえれば、3連休になる。
それまでに息子が元気になればいいんだけど。
そして、僕ら親チームが、無事に看病体制を終えられればいいんだけど。

うーむ。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-07 23:36 | 日常に語る | Comments(0)  

節分

2月3日は、節分。
うちは昔から豆まきはやっておりましたが、恵方巻なんてもんは、知ったこっちゃねえ、って感じでした。だって、この10年くらいのコンビニによる戦略ですものね。そんな西日本の風習を勝ち馬に乗せたようなプロモーションに、こちとら関東者が乗せられてたまるか、と思っていました。

しかし、ここ数年は、あっさり落城してます、はい。

c0150209_23363980.jpg

今年は、息子悠成が、ママと一緒に太巻き作りを手伝いました。
好奇心旺盛な息子は、お手伝いしてー、と声をかけると、喜んで色々なことを手伝ってくれるのです。そこで、太巻き作りに声をかけたところ、やはり嬉しそうにお手伝いをしていました。

c0150209_2337599.jpg

そうして出来上がった太巻き・・・恵方巻きにかぶりつく息子。
結構気に入ったようで、もぐもぐと2つ、3つと食べていました。
しかし、今年の恵方である南南東を向いて、黙って食べていたのは妻だけ。
僕はそんなの気にせずに普通に食べて、息子悠成は、言うまでもなく南南東に背中を向けて、ご機嫌にかぶりついていました。

c0150209_23394599.jpg

そして夕飯後に、豆まき。
夕飯前に妻からの緊急命令で、鬼のお面をゲットするためにスーパーへ行くも、節分の夜に、鬼のお面を売っている訳も無く・・・。聞くと、鬼のお面を被って、ガオーと子どもの前に登場すると、大泣きして逃げ回るのだそうな。
結局、鬼のお面は無いまま、豆まきをスタートしました。そこで、私は取りあえず鬼になる為に変装をしました。帽子をかぶり、サングラスをかけ、マフラーで口を巻く、という、プロゴルファー猿のミスターXのような出で立ちで、一応のオニとして息子の前に登場!
恐怖に泣き叫ぶ息子でしたが、泣いてるばかりではなく、勇気を振り絞って前に向かって来て、オニの私に豆を投げて来ました。なかなか度胸のあるヤツです。こうして、オニ?(変質者?)は我が家から去っていきました。パパも楽じゃありません。

写真は、家族三人の、それぞれ年齢の分だけの豆を取り分けたの図。保育園で息子が作ってきた(本当は先生方が作ったもの)、鬼の被り物と、腰巻きと一緒に。
だんだん、年齢の数だけ豆を食うのが辛くなってきましたな。
[PR]

by masa-stones | 2013-02-04 23:45 | 日常に語る | Comments(0)