<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

The Wedding Singer in 2006

もうすぐ大晦日。
同期の家の鍋忘年会の帰り道、IPodから流れ始めたのは、大好きだったミュージカル「The Wedding Singer」のサウンドトラック。
そういえば、僕はこのミュージカルが本当に大好きだった。
同僚と一緒に、昼と夜、ダブルヘッターで観たこともあったくらい好きで、全部で10回も観に行った。同僚はもっと多かったっけ。
なぜ好きだったか?
それは単純に面白かったから、ってことに尽きますね。いくら英語で生活していたとはいえ、ミュージカルを観て、一回でストーリー全てを分かるなんてことは出来ず、何度も観て、サントラも何度も聴いて、ようやくストーリーが把握出来るって感じだったっけ。でも、観れば観るほど、新しい発見があり、ミュージカルの楽しみ方ってのを知った演目でしたね。例えば、日によってスタンバイの役者が出て来たり、観客が多い時と少ない時の盛り上がり方が違ったり、役者の出待ちをしてみたり、などなど。

アダム・サンドラーとドリュー・バリモアの映画版も、勿論観ました。ださーい感じの80年代のNJを舞台に、何とも気楽な映画でした。
でもやっぱり、ミュージカルが良かったかなー。

そんなThe Wedding Singerは、恐らく動員客数が多くなかったために打ち切りとなり、その千秋楽が、2006年の大晦日だったのです。タイムズスクエアのカウントダウンに行こうかどうか悩んでいたけど、やはりここは、大好きなミュージカルを選んでしまった僕。それに、ミュージカルの千秋楽ってどんなもんなのかを観るのも、またオツだった訳でして。
千秋楽の舞台は、異様な程の大盛り上がりっぷりでした。封切りから打ち切りまでの総動員客数は少なかったのかもしれないけど、僕らを含め、コアなファンは相当数いた模様で、凄まじいほどの盛り上がり。
ケービ員に怒られるのを覚悟で、この千秋楽を僕は全編IPodで録音しちゃいました。最近は聴かないけど、一緒に行った同僚と共に、楽しく聴きながら、大いに語り合った夜もありましたねー。
ああ、懐かしい。
そして、それがもう6年前だなんて、時が経つのは本当に早いものですな。
c0150209_2153155.jpg

[PR]

by masa-stones | 2012-12-30 21:57 | My Favorite | Comments(0)  

そーかつ

てなもんで、昨日は無事に仕事納め。そして今日は、毎年恒例の同期仲間による鍋忘年会。
1年、あっという間だったなー、と、お酒を飲みながらしみじみ思います。

光陰矢の如し。

ほんとに、年々、1年が早くなっていく。
今年の4月から所属が変わって、それまでとは丸っきり違う仕事と環境、そして次々と襲ってくる地雷だとか、刺客だとかに、ずいぶんと苦しめられました。
心底頭に来て、ブツブツと文句ばかり言ってた時期もありました。ほんとにイヤになるほど、目の前に沢山の課題が山積していて、誰かが魔法を唱えて消し去ってくれる訳でもないから、1つ1つ紐を解きながら、地道にコツコツと片付けていくしか無かった日々。
それでも、なんとかかんとか、乗り切ったってとこです。

なんだか仕事ばっかりしていた1年って感じ。
だけど、そうは言いつつも、ハワイには旅行に行けたし、やりがいのある仕事もあったし、12月になってからは、じっくりと色んなことを考える時間も得られたし、まあ、あとになってみれば、こんなもんか、と少々納得出来ていたりもする。喉元過ぎればなんとやら、ってことかな?
しかし、息子と過ごす時間がめっきり少なかったこともあって、息子があまりパパに近寄らなくなった?ような気もして、失ったものもあった1年・・・だった?のかな。

そうは言いつつも、家族全員、大きな病気や怪我も無く、基本的には健康そのもので1年を過ごせたことが、一番感謝しなくてはいけないですね。元気が無くっちゃ、何も出来ないしね。
元気と健康のまま、古くなったお札を、氏神様の元へ御返し出来ることが、何よりの幸せなんでしょうね。

ありがとう、平成24年。
さて、平成25年。どんな年になるのだろう。光り輝く1年であることを、心から祈ります。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-29 21:40 | 日常に語る | Comments(0)  

労い

12月26日、安倍政権の成立と共に、野田政権が終焉を迎えた。
この衆議院選挙の大敗は、記録的なものだといえる。3年半に及ぶ民主党政権の体たらくを見れば、これはやむを得ないだろう。民主党は海江田君が新代表となったが、ここで立て直しが出来なければ、消え去る運命にある。まさしく正念場だと言えよう。

民主党政権は、本当にひどかったが、野田首相だけは、まともな首相だったと思う。
確かにマニフェストに無い、消費税増税に踏み切ったこと、それに伴い大量の離党者を生んでしまったことの責任は問われるのは仕方ない。
だけど、野田首相は、この国の危機的財政を憂慮し、勇気を持って踏み込んだ。この信念と気概は、近年稀に見る政治家だと言える。決して才能あふれるタイプではなく、小泉前首相よりも、能力的には見劣りするが、実直で安定した人柄と性格のため、比較的安心して政治を眺めていることが出来た。その前のハトと空き缶に比べれば、雲泥の差だ。この末期的状況の日本財政に、末期的な政権が、一筋の光をもたらした。
僕は、勇気と信念を持って、消費税増税法案を成立させた野田首相に、惜しみない拍手を送りたい。そして、日本の為に激務にあたってくれたことを感謝したい。

僕は政治学科出身とはいえ、ここまで政治に興味を持ったのは初めてだった。首相官邸のHPで、野田首相の演説を聴いたり、Youtubeで安倍君との党首討論を最後まで観たりするなんて、自分ながらに信じられなかった。でも、僕はそれだけ野田首相には期待をしていた。非常に残念だけど、とにかく政権基盤が弱かったことが、気の毒でしょうがない。盤石な基盤であれば、野田首相はもっと実力を発揮出来ただろうし、長期政権も実現出来たと思える。

恐らくもう二度と、野田政権が成立することは無いのは残念だが、我が国にとって、1つの明るい道筋を捨て身で切り開いてくれた野田首相の再登板を期待してしまう。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-27 21:50 | 時事論 | Comments(0)  

千葉モノレール ワイン列車出発!

c0150209_1245194.jpg千葉モノレールの冬の風物詩、ワイン列車に乗って来ました!
前から行ってみたいと思っていたのですが、今回運良く抽選に当選!職場の同僚3人と一緒に、意気揚々と乗り込んできました。
千葉みなと駅に入線してきた専用列車には、千葉モノキャラクターのモノちゃんが、ワインを片手にしているヘッドマークが掲げられ、車内はぶどうがぶら下がって、サンタクロースも乗り込んで来て、雰囲気を盛り上げていました。

おっと、車内の写真を撮り忘れてしまった・・・。
メルシャンの赤と白のワインが、概ね一人2本。それとフレンチのおつまみ&スイーツ。そしてお楽しみグッズがあたる抽選会に、カレンダーのお土産にモノレール1日乗車券。1人4000円ってのは、かなり割安では??
さて、モノレールの社長さんの乾杯の音頭も待たずに、飲み始めていた私達・・・。普段は通勤に使っているモノレールが、突然動くワインバーに変わってしまった感じで、否が応でも気分が盛り上がりました。
ワイン列車のハイライトは、千葉市中心街のイルミネーションを車内から見ながらワインを飲めることです。実際一番良いビューポイントで、なんと1分程停車するという離れ業をかましてくれます・・・すごいですよね。
しかし、皆が外を見ながら盛り上がっていたのは、ここまで。あとは車窓の景色なんかそっちのけで、飲むわ食うわの大騒ぎ。いやー、皆さん本当に楽しそうでした。そして我々も超満喫。

これは良いイベント列車だなあー。
千葉モノレールでは、夏にはビアトレインもやっているので、次回はそれに応募しよっと。

その後、上司と千葉駅で合流して、有志による忘年会&カラオケ大会。
忙しかった平成24年も、間もなく終わりかー。早かったなあ。

なお、千葉モノHPはこちらです。
http://www.chiba-monorail.co.jp/2_enjoy/event/2012/wine2012.html
[PR]

by masa-stones | 2012-12-22 12:50 | My Favorite | Comments(0)  

続・そーせんきょ

ふたを開けてみれば、前評判どおりと言いますか、自民党の圧勝だった総選挙。
一方の民主党は、60議席を割る壊滅的大敗。
第3極の維新は、民主党に次ぐ第3党の座に躍り出た。

ほほう、そうなったか。

自民党が圧勝したと言うが、今回の選挙は自民が勝ったというよりは、民主党が自滅したと言った方がいいだろう。決して民意が自民党にあったとは到底思えない。結局政権の受け皿に成り得る政党が、自民党の他になかったから、自民党に投票した人が多かったのだろう。第3極と言われる面々は、やはり政権の受け皿としては未熟に見えたし、何よりも得体の知れない政党に政権は任せられない、と言うのが、今回の投票行動の本音ではないだろうか。そういう意味では、民主党政権への政権交代から、その後の体たらくまでを嫌と言う程体験した国民は、教訓を得たと言える。
民主党は、大いに反省すべきだろう。掲げたマニフェストを実現出来ず、マニフェストに無かった消費税増税に踏み切った。国民としては裏切られた感が大きかったのだから、今回の結果は当然とも言える。しかし、一連の離党の流れが過ぎ去ったのだから、民主党はじっくり時間をかけて立て直しをするべきだ。今回の総選挙を、むしろ好機と捉えて出直していけばいいのではないか。

翻って自民党。
とにかく、調子に乗るなよ、浮かれるなよ、と言いたい。決して民意が自民党にあった訳でもないし、政権公約に同調している訳でもないのだから、数に頼んで強引な政権運営をすれば、瞬く間に民意は離れていく。と、まずは釘をさしておきたい。
しかしながら、国民が自民党に期待しているのは、長年政権を担って来た実績と安定感だろう。一刻も早く停滞する政治から脱却し、各課題に精力的に取り組んで、国勢の高揚に努めてもらいたい。そして、野田首相が政治生命をかけるとまで言い切った消費増税と定数削減は、必ずやりとげなければならない。それは、国会の場で、現役首相と野党第一党の党首が交わした約束なのだから、国民との約束である。

そして第3極。
まずは、あまり躍進をさせなかった、民意の慎重さにほっとした。正直なところ、彼らが主導権を取る結果にならなかったことは、この国にとって良かったと思う。維新の橋下君は、本当の仕事を放ったらかしにして、政治ゲームに没頭している。大阪市民は怒るべきだ。国を変えなくちゃいけない、というのなら、中途半端に市政に首を突っ込まずに、さっさと国政に出馬すればいい。大阪市民と大阪市政を、非常に甘く見ている。市の仕事を舐めているとしか思えない。どんなに言葉が勇ましかろうが、どんなに聞こえの良い政策を打ち出そうが、どうも足下がふらついていて、信用が出来ないのが橋下君だ。市政に飽き飽きしているのなら、はやく辞めて、大阪市政の停滞を解消するべきだろう。
結局のところ、1つのことに関心が無くなると、次にシフトするのが彼だと思う。あと5年もすれば、元のタレントに戻っていることだろう。

しかし驚いたのは、投票率の低さだ。なんと史上最低だとか。僕は本当に驚いた。ここまで国威が落ち込んでしまったいま、現状を変えることが出来る権利を行使出来るにもかかわらず、それをみすみす捨て去っている人が、この国に半分近くいるのだ。
何世紀も何世紀も、先人達が多くの犠牲と苦労をかけて、ようやく手にした政体の民主政治。私達が、投票用紙に、自分が思うままの候補の名前を書くことが出来るというのは、実は先人達の数知れない努力の末に実現した権利なのだ。僕はいつも投票場に行くと、そんなことに思いを致さざるを得ない。
たかが1票、されど1票。
どうせ1票なんだから関係ないと思ってはいけないと思う。きちんと権利を行使し、自分の意思を行動で表現しなければ、人類が掴んだこの権利が、いずれ権力に奪われてしまうかもしれないのだから。
誰も支持出来ないなら、白票を投じるべきである。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-18 00:03 | 時事論 | Comments(0)  

そーせんきょ

今回の総選挙は、どこの党、誰に入れるのか、本当に難しい。
明日が本番なのに、いまだにどこに入れていいのか、誰に入れていいのかが悩ましい。

今回の総選挙。
日本人は、この3年半、よーく身に染みて、分かったことだろう。それは僕も含めてだ。
僕はそれまで、一度他の政党にやれせてみればいいじゃないか、って思ってた。あまりにも自民党政権が長く続きすぎたし、一度だけ成立した細川内閣は、あまりにも短命に終わったからだ。
しかし、その気軽な、他の政党にやらせてみればいいじゃないか、というノリってのが、いかに国勢を弱体化させ、国益を損する結果になるのか、よーく分かった。たかが一票、されど一票だ。
自分達の投票行動次第で、政治は変えられるということが、日本人によく分かったことに、3年半前の政権交代の意義が見出せよう。

だからきっと、多くの国民が、いったいどこの政党に、誰に政権を任せたらいいのか悩むんだと思う。

いまのところ、どうやら自民党が圧勝の情勢だ。
要するに、一度民主党に振れた振り子を、元通り戻すってわけだ。
日本が目指して来た、2大政党制の仕組みからすれば、こっちがダメだったからあっち、ということで、至極当然のものかもしれない。だけど、もしこのまま自民党が勝つとするならば、民主党と自民党による二大政党制ってのは、これでおしまいだろう。このままいって、民主党が復権をするとは到底思えない。復権するにしても、まだまだ時間がかかるだろう。そうだというなら、民主党は3年半をよく反省するべきだ。そして国民は、選挙互助会ではダメだと反省するべきだ。当然、僕も含めてだ。

選挙互助会はダメ、となると、いわゆる第三極と言われる政党は、政権を任せたとしたら、これまでの民主党と全く同じコースをたどることは明白だ。いかに、キャラの強い党首達が「大丈夫」と言っても、全くと言って信用なんぞ出来ない。そもそも政治家は、信頼に足るのかどうかという、そもそも論的な存在に落ちているからだ。だから、第三極は支持が広がらない。維新の会は、2トップとおまけの大阪知事以外は、誰が誰だか分からない。烏合の衆であるかもしれない。全く見えない人達を、信頼しろってのは、無茶な話だ。
第三極でマシなのがあるとすれば、ぶれていないのは、それを強調しているみんなの党くらいか?それでも支持層は広がっていないようだけれども。

自民党は非常に右傾化している。だからずっと歩調を合わせて来た公明党が、少し距離を置こうとしている。このまま行けば、安倍君が総理になるのだろうか。一度政権を投げ出した人間が、いかに強気の発言をしても、結局は弱さを隠しているようにしか見えない。中国韓国は、安倍首相に懸念を示していると言われるが、本当にそうだろうか?全く未知数の人物が首相になるよりは、一度逃げ出した人間が首相になる方が、かの国々には好都合ではないだろうか?日本の右傾化を理由に、より強硬な姿勢も示しやすい。中国としては、尖閣諸島を紛争地化したがっているのだから、挑発に乗ってくる右寄り首相ならば、やりやすいのではないか?
とにかく、自民党の政策には、右寄りの傾向が強くて、警戒感が否めない。

だとしたら、一体どこに任せればいいのか?

各党の政策を見てみる。
そして自分が一番、これは大事、と思う政策において、方針が合致する政党を選ぶしか、いまのところ考えにくい。全ての政策が合致するような政党があればいいのだが、なかなかそうもいかない。
消費税、原発、復興、TPP、経済対策、外交、政治改革、老朽化するインフラ、教育、福祉政策。
非常に広範囲にわたる日本の課題に、待った無しだ。
中途半端な連立政権が出来て、ますます決められない政治に陥っても困るし、自民党の右傾化も懸念される。民主党がこのまま政権を維持する可能性は無さそうだ。

さて、日本の未来。
明日、投票日。とにかく選挙には行こう。必ず、責任を果たそう。

あ、都知事選挙もあるんだった!
誰に入れるんだ・・・。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-15 13:27 | 時事論 | Comments(0)  

ふたご座流星群

ご覧になりましたか?ふたご座流星群。東京都内の我が家でも割りと見えました。奥さんと二人で防寒対策して、ベランダで並んで座って夜空を眺めました。星をゆっくり眺めるのは久しぶり。
ほとんど星の見えない東京の空ですが、果てしない宇宙がそこにあることは、はっきりと感じられました。
いいですね、天体観測。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-14 08:28 | 日常に語る | Comments(0)  

いつか

この頃ときどき考えるのは、息子が成人したとき、社会人になったとき、そして結婚したときに、大人になった彼を見て、僕は何を思うのだろう、ということだ。
いまは、何でもかんでも手を焼いてあげないと、まともに何も出来ない息子。きっと、これから少しずつ色々なことが出来るようになり、いつの間にか、我々親の助けは殆ど不要になる時が来る。

そして無事に、立派な一人の男に成長した彼を見て、年老いた僕は何を思うのだろう。
何でも出来るようになった頼りがいのある息子を誇らしく思うのだろうか。
それとも、自分の手からどんどん離れていくことを、寂しく思うのだろうか。
いまのようなチビ助の頃を、思い出すのだろうか。

うーん多分僕は寂しく思うような気がする。

まあ、いいじゃないか。
立派な一人前の男に成長した彼の、成人式や就職そして結婚と、晴れ舞台に臨んだ姿を、嬉しさと誇らしさと寂しさを感じつつ、祝福してあげたい。それは、親としての仕事を終えていくプロセスであり、喜ばしいことだし。

なーんて、彼奴はまだたったの1歳9ヶ月。
随分先のことに思いを馳せてる場合じゃあない。まだまだ半人前の父親なんだから、将来のことを想像するより、まずは、保育園への送り迎えとか、日々の事をちゃんと出来るようにならなくっちゃ。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-06 22:54 | この頃思うこと | Comments(0)  

BROZERS

c0150209_2322467.jpg
ハンバーガー店の「BROZERS」日本橋人形町店。
僕は、無類のハンバーガー好きである。
それは○ックで昔バイトをしていたから、ってのもあるけれど。
アメリカに住んでいたときに、よく口にした、いわゆる「本場」のハンバーガーに、心底惚れ込んでしまった。それは○ックのハンバーガーとは全く異なるもので、とてもじゃないけど100円じゃあ食べられないものだった。
とにかくハンバーガーってのは肉が旨い。肉からしたたる肉汁が、非常にジューシーで濃厚な味わいを醸し出す。それと炭火で焼いた肉の良い香り。これがたまらんのです。そこにシャキシャキのタマネギや、甘いトマトが挟まると、ケッチャップなんて要りません、本当に旨いんだから。

でも、日本ではなかなか本場のハンバーガーは食えません。
しかあし、このBROZERSは、そんな希少な本場のバーガーを食べさせてくれます。初挑戦だった僕は実に驚きました。ああ、これってアメリカで食べたハンバーガーと同じ味がする、って思った訳です。
とにかく、オススメです。ワタシはこれから通うことになるでしょう。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-04 23:28 | 食べ歩き | Comments(0)  

トンネル

中央道の笹子トンネルが崩落事故。。
しゃれにならないなあ。
いよいよ日本にも社会インフラの荒廃という現実が訪れたということか?
今日は関越トンネルを通ったけど、さすがに大丈夫かな?と心配になった。。
怖いなあ。
[PR]

by masa-stones | 2012-12-02 21:29 | この頃思うこと | Comments(0)