<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

紫陽花

c0150209_23123625.jpg
紫陽花を見に梅雨空の雨にけむる湘南・鎌倉へ。
結構強い雨なのに、横須賀線の北鎌倉駅を降りると、人人人・・・。日本人って元気ですねー、って僕もその一人・・・。
もちろん、訪れたのは、誰もが知っている「明月院」。ここは敢えて青系の紫陽花を咲かせているのですが、この青?紫?の紫陽花、すごく綺麗ですね。そして雨空にすごく映えるんですね。30年生きてて、紫陽花がこんなに綺麗な花だったなんて、初めて知りましたよ。

それから雨の中を鎌倉方面へ。銭洗弁財天、佐助稲荷神社とお参り。勿論御朱印もゲット!この御朱印って相当面白い!社務所で「御朱印プリーズ!」って言うと、オジさんが真剣な表情で筆を手に取り、時にはひとしきり硯で炭をすすり、さらさらさら〜と寺社の名称を書き下ろし、御朱印を「ドン」と押してくれるのです。
いやー、とっても字が上手(当り前か?)。ゲットすると、何となくほくほくな気分になります。

そして我が愛しの江の電に乗り込み、極楽寺駅へ。
今度は成就院を参拝。ここからの眺めは最高です。紫陽花に囲まれた細い下り階段、その向こうの眼下に広がるのは由比ケ浜。はあ〜、なんて良い景色なんでしょう。これが晴れていたら、また違った良さがあるんでしょうね。


c0150209_23243065.jpg

[PR]

by masa-stones | 2008-06-24 23:24 | 旅情編 | Comments(2)  

今日の一曲

Viva La Vida(邦題:美しき生命)
by Coldplay

この頃FMでよく耳にした、ありふれていそうで、それほどありふれていないサウンド。ストリングスをバックに従え、荘厳ささえも感じさせるこの曲。久しぶりに心に染み渡った曲ですねー。歌詞を見てみると、ふーむ、僕ら日本人にはなかなか理解しがたい感覚なのかな?というような内容。西洋人が神道的な行動やモノの考え方を理解しがたいように、西洋の社会に深く根ざした文化を僕らが本当に理解するのは難しいわけで。
でも、ネイティブでない僕には、この歌詞が不思議な雰囲気を醸し出し、そして示唆に富んでいるのでは?と予感させてくれますね。

Coldplayと言えば、Clocksが有名な曲ですけど、正直なところ、僕はそんなにこの曲が得意ではなかったんです。でもこのViva La VIdaはカッコいい。すごく良い。しばらくリピートですな、こりゃ。
[PR]

by masa-stones | 2008-06-21 00:44 | 音楽に語る | Comments(0)  

いわのぼり〜

時々顔を出している英会話サークルの主催者兼先生のアメリカ人の子が、日本に来てからハマっているのが、ロッククライミング・・・!と言うことで、今日はサークルのメンバーでロッククライミングに初挑戦してきましたー!
何せ初心者です。今日は英語は抜きで、日本語で岩登りのやり方を教わりました。

職場から電車と徒歩で約30分のところにある倉庫のような建物のなかに、そのインドアロッククライミング・・・ジム?スクール?はありました。動きやすいカッコに着替えて、靴を借りて、とりあえず1時間でエントリー。1時間で足りるのかな?って思っていたのですが、これがなかなか体力を使うんですねー。
最初はコツも何も分らないので、ルールだけ頭に入れて、とにかく腕の力任せでひょいひょい登って行けます・・・が!だんだん腕の感覚が無くなってきてしまい、踏ん張りが利かなくなってきてしまうんですね。当たり前っちゃ当り前なのですが、楽しさにかまけて、後先考えずにひょいひょい登ってしまい、30分も経つと、腕の感覚が無い・・・!ああ、俺って・・(泣)。

初心者には1時間で十分でした〜。これはなかなか面白い!
とにかく頭を使います。バランス感覚がマストです。その次に腕っぷし、ってとこなんだろうな。何よりも頭とバランスが大事かなって思いました。また行くぞ〜。
c0150209_23193521.jpg

[PR]

by masa-stones | 2008-06-11 23:21 | 日常に語る | Comments(0)  

いざこと問はむ都鳥

今日も愛車(チャリ)に乗っかって、浅草方面へ。
せっかくなので、どこかで静かに本でも読める場所はないかいな。と思いつつチャリを隅田川沿いに北へ走らせ、言問橋をアンダーパスでくぐり、桜橋を左手に見ながら爽快に走る。

・・・と、そこにあったのが、「言問団子」の店。
c0150209_1721567.jpg

うーん、こりゃちょうど良いや。ここで団子をシバキながら、のんびり本でも読みますか。そこで団子を注文(と言うより、席に座るとすぐにオートマティカリーに出て来た)。綺麗な三色で登場です。
c0150209_1744647.jpg
これはそれぞれ、小豆餡、白餡、そして何と味噌餡!の3構成。串には刺さっておらず、このままパクリと食べる訳です。口に入れると、これがもっちもちで、うま〜い。中身が餅みたいになっているのがポイントで、まさにストライクで私好みでありました。
ゆっくり本を読もうと思ったのに、パクパクと団子をシバイてしまったので、あんまりゆっくり出来ず・・・。ま、いいさ。

そう言えば、言問通りや言問橋って、僕にはすごく馴染みのある名前なんだけど、この「言問」って何だか由来がありそうな響き。ふーむ?
ちょっと調べてみると、これは在原業平が詠んだ、次の歌が由来のようですよ。

名にし負はば いざこと問はむ都鳥 わが思う人は ありやなしやと

これは有名ですよね。確か中学だか高校だかの授業で、この歌の情景について教わった覚えがあります。でも、実際に業平がこの歌を詠んだのは、どうやらもう少し川上の、白鬚橋あたりなんだとか。こんな歌を橋や通りの名前にしてしまうなんて、何ともオシャレだと思いませんか?
そう言えば、言問団子のお店のお皿とか、看板に「鳥」がデザインされていたのは、つまりは「都鳥」って事だったんですねー。納得。
そして帰りは、そんな言問橋を見ながらチャリで南下。重厚で立派な橋ですが、あんまり絵にはならない・・・かなー。
c0150209_1716510.jpg

[PR]

by masa-stones | 2008-06-08 17:22 | 場所に語る | Comments(0)  

エクササーイズ

平日の夜は、駅ビルの本屋とかCD屋がもはや閉店してしまっているような時間に帰ることが殆ど。そうなると、もう夕飯を食べて、家に帰って、ひとしきりウダウダして、就寝・・・。こんなパターンになりがち。でもそんな、いか〜にもサラリーマンな、不健康〜な生活に、チクリとひと刺し、エクササイズして心も体もリフレッシュしたいものです。

そんなことで、最近やっているのが、夜中のサイクリングです(またチャリ・・・)。腰痛持ちの僕は、どんなにクッションの利いたシューズを履こうが、やはりランニングは腰への影響が心配なんです。とゆーことで、サイクリングが最適なエクササイズなんですね。

まだ仕事後の一杯を楽しんでいる連中が町中に徘徊している時間に、夜のひんやりした風をダイレクトに感じながら、颯爽と町を駆け抜けるのは、これでなかなか快適です。仕事で疲れた体と精神も、この、ある意味での非日常の刹那に癒されます。そして、東京都心の真ん中、酔っぱらったサラリーマン達の隙間を、普段着を来てチャリンコで駆け抜けるってのは、なんだか不思議な感じもして。まるで自分が社会の時間から、少しだけはみ出して、少し違う世界に入り込んでいるような?

この頃のお気に入りは、江東区から京葉道路を都心へ向かって駿河台下まで行くコース。または、四ツ目通りを南下して葛西橋通りを都心へ向かって永代橋まで行くコース。或いは、明治通をとことん南下して新木場まで行くコース。こんな感じです。
それぞれに、違った東京の夜を味わえて、楽しいですよ。
エクササイズってのは、こういうプラスα的な楽しみがあると、持続出来るようですな。
[PR]

by masa-stones | 2008-06-04 22:41 | 日常に語る | Comments(0)