人気ブログランキング |

カテゴリ:日常に語る( 198 )

 

令和の日常

c0150209_10100146.jpeg
GWが終わり、令和時代の日常生活がスタートしましたね。
町には令和を祝するのぼりとかが見られますが、今後徐々に減っていって、普通の生活に戻っていくのでしょう。
祝福モードで、新たな時代を迎えられたこと、これは日本にとって喜ばしいことだったなって思います。
さあ、具体的には何も変わらぬ普通の日常。でも、新時代の幕開けです。

by masa-stones | 2019-05-11 10:11 | 日常に語る | Comments(0)  

こんなこと その3

いつまでも甘えん坊で、やや指示待ちスタンスの傾向アリの息子。
そんな息子が、マンションの暗証番号式の郵便受けを開けようとしたところ、押しボタン式の番号が、上手く機能せず困ってしまったそうです。そこで、ボタンに油をさせば、ボタンの動きが滑らかになると考え、近くの設備管理の詰所に行って、係員の方にお願いして油をさしてもらい、一件落着になったとのこと。
へぇ、自分で考えて行動できるんだー、とやけに感心してしまった、日常風景のこんなこと。

by masa-stones | 2019-04-17 07:19 | 日常に語る | Comments(0)  

こんなこと その2。

c0150209_23432891.jpeg
先日の、ブラックホールの撮影に成功したというニュース、世間を騒がせましたね。
元天文少年の私も、興味津々で受け止めたニュースでした。そして息子も、結構天体トピックスが好き。
なので、ブラックホールの新聞記事を見せて説明してあげたところ、「そんなのちっとも凄くないよー!だって吸い込まれちゃうんじゃん!」とマジ顔。
そしてニュースキャスターが興奮気味に伝えるこのニュースを見て、「何がそんなに嬉しいんだよ!」とキレ気味。

どうやら、ブラックホールが地球の近くにあると、吸い込まれてしまうと危惧した様子でした。
なので、5800万光年の彼方で見つかったんだ、と。光の速さでも5800万年かかるくらい遠いところだから、大丈夫だよ、と伝えたところ、
「なーんだ。」とあっさり。
日常風景のこんなこと、その2でした。

ちなみに写真は、宇宙ではなくて、宇宙っぽい写真だったから掲載した、東京湾の夜。


by masa-stones | 2019-04-16 23:47 | 日常に語る | Comments(0)  

こんなこと。

c0150209_00012820.jpeg
この頃娘は、絵を描いたり、謎の文字でお手紙を書いたりと、少しでも時間があると、せっせと書き書きしている。
今日は「お兄ちゃんにお手紙〜♫」と嬉しそうに、保育園で描いたランドセルの絵を大事に持って帰ってきた。そして家では、メッセージカード的に、ちょっとしたカードを用意して、兄に渡した。
すると、小3の兄は、「いらない!」と拒絶。
娘はえーんえーんと泣き出してしまった。そりゃあ、そうだよね。せっかく一生懸命用意した絵とメッセージカードを、あっさり拒絶されたら、そりゃあ悲しい。
ただ、兄にしてみても、5歳児が描いた難解至極な絵と言語明快意味不明なメッセージカードを目の前にしてみたら、そりゃあ、「いらん」と思うだろうに。

と、しょうもない出来事があった。
えーんえーんと泣く妹に背を向け、ベッドに入った兄。
耳を傾けると、半べそ的な声で何か呟いていた。彼なりに、何か思うところがあったのだろう。

日常風景な、こんなこと。



by masa-stones | 2019-04-16 00:07 | 日常に語る | Comments(0)  

銭湯巡り〜中乃湯〜@平井

c0150209_20353972.jpeg
銭湯巡り。
今日は江戸川区平井にある中乃湯へ。
ここの水は地下水を使っているんだとか。なので、滑らかで柔らかい湯です(←と、誰かの書き込みで書いてありました。これを見てなければ、こんな風に感じたかどうか、疑わしい)。荒川のすぐそばなので、荒川から地下へ浸透した水なのかな?
森林浴と称したスチーム風呂?みたいなものがありました。サウナじゃないんですね。でも、中に入るとじわじわと体が湿ってきます。
風呂の温度は熱め。ほんと、東京の銭湯って熱いよな。

by masa-stones | 2019-02-23 20:35 | 日常に語る | Comments(0)  

意外にも。。

c0150209_23161302.jpeg
息子が野球をしたいというので、100円ショップでバットとボールを購入して公園へ。
息子にボールを投げる、すると打ち返してきた。
また投げると、また打ち返してきた。中にはかなり遠くまで飛ばして、ボールを取りに行くのに面倒になるほどだった。
動体視力がいいのか、それともまぐれか、あまり空振りをしなかった息子。
意外だなぁ。

by masa-stones | 2019-02-21 23:15 | 日常に語る | Comments(0)  

人生初!

c0150209_23535138.jpg
生まれて初めて、お弁当を作った。
それは息子の夏休みの学童保育、最後のお弁当の日。
ふと思い立って、妻に「作るよ」と言ってしまった。
でも、全く準備してなかったので、完全にあり合わせ。冷凍食品ばっかり。

職場でふと思う。
まずかったらどうしよう。足りなかったら可哀想だな。
親心だなあ。

帰ってきてみると、息子が「美味しかったよ!」と言ってくれた。
こいつ、気を使ったか?
ちょっと嬉しかった四十路のおやじでした。


by masa-stones | 2018-09-06 23:58 | 日常に語る | Comments(0)  

七夕詣

c0150209_10503064.jpeg
地元の浅間神社で七夕の特別な御朱印がいただけるとのことで行ってみたところ、まさかの配布終了。。
残念ながら頂けませんでした。

気を取り直して、境内に飾られた子供達が作った七夕灯篭を眺めて、夏越大祓の茅の輪くぐりをやってきました。

思えば平成30年も折り返し。
そっか、平成最後の七夕だったんだな。

by masa-stones | 2018-07-08 10:49 | 日常に語る | Comments(0)  

動物園でーす。

c0150209_23253301.jpg
娘が始めた遊び、動物園ごっこ。
お家にある動物のぬいぐるみを、遊び部屋に配置して、動物園を開くというもの。
「動物園でーす、動物園でーす」と客寄せをする娘の声に、誘われていく父。
鴨川シーワールドでゲットしたシャチ。妻の実家から捕まえてきたヘビ。千葉から連れてきたモノちゃん親子、マックのハッピーセットのおもちゃ、そしてロディー等々。
なかなか見ごたえがあります。
時々、モグモグタイムの時もあったりして、エサが動物の前に置いてあったりします。
多分イメージは、何度も遊びに行ってる江戸川区の行船公園。

ちなみに動物園のエントランスはICカードをタッチする方式で、娘と父は「ピッ!」と言いながら入園しました(笑)。


by masa-stones | 2018-07-03 23:29 | 日常に語る | Comments(0)  

仄暗い部屋の隅から

c0150209_17393306.jpeg
体調崩して4日目。
医者に無理するなと注意され出勤を見送った。
我が家の玄関の脇に位置する自分の部屋で、横になっていると、昼間はほとんど何も音がしない静けさに包まれている。しかも、ブラインドを下ろしているので、雨天の今日は仄暗い。

特に何があったわけではないが、寝込んでいた3日間(一回出勤後早退)の内に、不思議なことが二回あった。
一つは、我が家の玄関口に人の気配がし、どうもドアノブあたりをさすっているような音。まだ16時過ぎの頃合いの日曜日。どこかの子供が家を間違えたのか?
息をひそめるような人の気配、ドアノブあたりをさするはっきりとした音、そして進捗しない事態。
しばらく耳をそばだてていた僕が玄関に行くと、二つの鍵のうち、一つがまだ施錠されてなかった。僕は、しっかり音を立てて施錠をした。覗き穴を見たくもあったが、運悪く自分は寝巻きの上に、玄関には子供の自転車(お世辞にも綺麗ではない)が鎮座しており、こいつをかき分けないと覗けない。めんどくさいので、覗くのはやめた。
その後何も音はせず、気配も消えた。
これが一つ。

二つ目。
何やら足音が我が家に近づいてきた。
トコ、トコ、トコ、→足音止まる
足音が止まったので、次はドアがバタン、って音がしたりするのかなと思って待っていたが、何も音がしない。
次のアクションが、音の面で一切分からなかった。
そこまでコツコツと足音響かせてた人が、ドアを静かに開け閉めし、摺り足で中へ入っていったのか?
足音の主は、我が家の数歩手前で忽然とその存在を消し去った。

と、大したことない出来事をクローズアップしてしまうほど、安静にしてることは退屈であった。

そして、子供達が帰ってくると、死に絶えたように静かだった我が家が蘇る。
ほんと、子供の生命力って、凄い。


by masa-stones | 2018-06-20 17:38 | 日常に語る | Comments(0)