亀戸水神宮

c0150209_10232736.jpg
夏の祭礼の時期なので、提灯とのぼりが飾られた亀戸水神宮。
亀戸天神や亀戸香取神社と比べると規模が小さく、まさしく地元集落の守り神的な雰囲気が漂います。
僕はほぼ毎日こちらの前を往来しているので、時折参拝をしているのですが、小さなお社なれど、凛とした空気の漂う素敵な神社で、とても惹かれるものがありすね。
御鎮座500年くらい。この辺りに人々が住み始めたころに、水害防止を祈願すべく勧請されたとか。
明治時代までは、お社は鬱蒼とした森に囲まれてたそうで、周辺には水神森という呼称が残ってますが、いまは見る影もなく。。水神森を見てみたかったなあ。
地域の人々の崇敬を集め、守られてきた水神様は、いまも亀戸を見守り続けてくださってます。

[PR]

by masa-stones | 2017-06-11 10:22 | 由縁 | Comments(0)  

<< 時の流れとは、さも残酷なことか... パパと子の3日間 >>