一瞬だからこそ。

小さかった息子も、3歳8ヶ月。身長101センチ、体重15.4キロ。ずいぶんと大きくなりました。こうなってくると、いっちょまえの事も言うようになるし、色々なことも出来るようになってきています。でも、まだたったの3歳の幼児。色々なことが出来なくても当たり前なんですよね。ついつい、出来るだろうと期待してしまう自分を反省しています。なぜなら、出来ると期待したときに彼が出来なかった場合、結局自分がイラっときてしまうからです。まだ、たったの3歳。これはまぎれも無い事実なので、もうちょっと余裕を持って、息子と接したいものです。

体重15.4キロの息子。それでも、抱っこをしてしまう自分。重いんですよ、これが。だけど、抱っこして!なんて言ってくれるのは、あともう少しの期間だけだし、何よりもこれ以上大きくなったら、そもそも抱っこなんて出来なくなってしまいます。
だから、ちょっと無理してでも「今だけ」を大事にしています。
c0150209_23364406.jpg
TDLで、パレード待ちをする息子。「男子はただ座して待つのみ」ってか。

[PR]

by masa-stones | 2014-10-22 23:50 | 日常に語る | Comments(0)  

<< 公園・・・やはりあなどれません。 兄妹そろって。 >>