現実を視よ

ファーストリテイリングの柳井さんの本、「現実を視よ」。
僕は別に柳井さんのファンでもないけど、何となく手にした本だった。
内容は、非常に厳しいもので、現代日本の体たらくを痛烈に批判したものだった。正直、他人の愚痴を辛抱強く聴くような、読んでて疲れてしまうものだった。
そして、起業しない人間は認めない的なスタンスで、持論を展開していたため、まるで僕自身のことを厳しく批判されている感じがして、ひどく気分が悪かった。

でも、だ。

さすがにユニクロをあれだけの企業にしただけのある方だと感心した。
この本に書かれているのは、まさしく現実だ。まぎれも無く、的確な批判だと思う。
多くの日本人が、気付いているのかいないのかは分からないけど、目を背け続けて来た物事だと思う。一度、読んでみると良いと思います。
読んでて疲れますが、オススメです。寝ぼけ顔に、強烈な平手打ちを食らったような感じで、目を覚めさせてくれるものです。
[PR]

by masa-stones | 2012-11-09 23:55 | | Comments(0)  

<< やれやれ 政治の季節 >>