ハワイ旅行その5

じゃじゃーん。
なんと、ハワイには出雲大社がありました!
c0150209_0133745.jpg

さすがに日系の移民が多かったからでしょうか。明治時代に祀られたとのことでした。
我々家族は神社好きなので、この場所を奥さんが意地で探し出し、カーナビに連れて来て貰いました。目の前にチャイナタウンが迫る場所に、出雲大社はありました。いや、Izumo Taishakyo Mission of Hawaiiと言えばいいのか?
c0150209_0171027.jpg
かなり笑えたのがこちら。手水舎の柱に、アメリカでよく見かける、ペーパータオルの機械が備え付けられていたこと。
手と口を清めたあとに、機械に手をかざして、ウイーンって出て来たペーパータオルで拭う。。うーん、日本じゃあり得ん。社殿の中に電飾があったりで・・・(汗)。
こちらで、大国主命にお参りし、道中の安全と無事をお祈りし、お守りを授かり、しっかり御朱印をいただいてきました。

次に向かったのはパールハーバー。
ワタシがこの旅行で最も行きたかったところでした。1941年12月7日に、日本軍がアメリカ軍を奇襲攻撃した、あの真珠湾です。
グアムも沖縄も、そしてハワイも、かつて日本軍が戦争を行っていた場所なんですよね。楽しい旅行であっても、やはり知っておくべきこと知っておきたいし、行っておくべきなんだと思うのです。今でも日本軍に撃沈された戦艦アリゾナは、海底に沈んでいて、祈りの場所となっているのでした。
c0150209_0273958.jpg

こんなに幼い子を、こういう場所に連れてくる日本人もなかなかいないかな?
そして意気揚々とチケットを購入しようとしたところ、アリゾナメモリアルのアドミッションは午後3時でおしまい、とのこと。げげっ!時計を見ると午後3時20分・・・Oh! No!
こんな遠くまで来ての大失態。しばし呆然、そして悔しくて・・・。これがメインだったのにい。
いや、学びました。パールハーバーは見るところが一杯あるので、一日かけて回るくらいの覚悟で行くべきですね。
c0150209_0373988.jpg
気を取り直して向かったのは、航空博物館。パールハーバーのメインゲートから、バスに乗って向かいました。閉館は5時で、ゲートに連れ戻してくれるバスも5時。おっと、これは遅れられない。
航空博物館は2つの展示場に分かれていて、1つ目は真珠湾攻撃を始めとする、大東亜戦争の資料展示。2つ目は昔のアメリカの飛行機実物を展示しているところ。ワシントンDCのスミソニアンに比べると規模はかなり小さいけど、非常に見応えがありました。チビ助がいるので、アリゾナメモリアルじゃなくて、むしろこちらを見学で正解だったかも。

見学を終えて、ホノルルへ戻る・・・って、ただじゃ戻りません。
奥さんが再び執念で探して来た、「このー木なんの木、気になる木ー」の場所へ向かいました。この木がある公園がなかなか見つけられず、同じような場所を何度も何度も行ったり来たりしてしまいました。インターステートの脇道に公園の入り口を見つけたときは、すでに陽が傾いていたため、門扉が半分閉められ、「入場お断り、退場車のために半分開けてるんだから」と言わんばかりの門構え。
でも、そんなのあっさり無視して強制入場。
やっと見つけました。夫婦揃って子どもの頃から見て来た、あの木です。
c0150209_0424567.jpg
奥さんが公園整備をしていたオヤジを捕まえて来て、あの木をバックに夫婦で写真を撮って貰いました。
お腹いっぱいになるほどの満足感とともに、ホノルルへと帰って行きましたとさ。
[PR]

by masa-stones | 2012-10-06 00:44 | 旅情編 | Comments(0)  

<< 夕暮れ 東京駅 The Beatles メジャ... >>