息子語録

c0150209_23582784.jpg

もうすぐで1歳6ヶ月を迎える息子。
この頃は、少しずつですが、我流な言葉を発するようになりました。

その1
「なあにいー、なあにいー」
→抱っこして。僕らの膝にまとわりつき、上目遣いで、おねだり口調で訴えて来ます。

その2
「じゅっちゅ」
→水。食事中にコップの水が無くなると、水よこせ、って訴えて来ます。

その3
「いったあいーったあいーったあいー」
→意味不明なのですが、何らかの不満を訴えるときに、連呼します。どう聞いても「痛い!痛い!」という感じなので、親父が息子を抱えて街を歩いているとき、こんな台詞を連呼されていると、たまったもんじゃありません。

その4
「あ、っぴた!」「ましった!」
→いただきます。ご飯を食べるときに、手を合わせるポーズと共に発します。

その5
「ぱっちん!」
→いただきます。又はごちそうさま。僕らがご飯をあげるとき、食べる前に「いただきます、は?」と何度も聞いているうちに、「ぱっちん、は?」と手を合わせるジェスチャーを演じてしまったせいか、息子は、手を合わせるジェスチャーとともに「ぱっちん!」と言うようになってしまいました。とほほ、ですな。

その6
「ばっばー」
→パパ。なぜかババアに聞こえる・・・。

その7
「でんしゃ、ぶっぶー」
→電車及び車。我が家にある息子超お気に入りのおもちゃは、電車(新幹線・モノレール)と黄色いミニカー。これらで遊ぶときに、持っているおもちゃが電車だろうが黄色いミニカーだろうが、「でんしゃ」とか「ぶっぶー」とか、ランダムに発します。
ちなみに、電車や車を片手で押しながら、部屋中を移動しているときには、「ぴっ、ぴっ、でんしゃ。ぴっ、ぴっ、でんしゃ。」とかけ声をかけています。

その8
「おいし。」
→ご飯食べているときに発します。食に執着する息子です。

まだ、色々あったかな?
記録として、ここに残しました。
[PR]

by masa-stones | 2012-08-14 00:00 | 語録 | Comments(0)  

<< The Beach Boys ... 靖国詣 >>