赤いグライダー

今日の一曲「赤いグライダー」by My Little Lover

これは相当マイナーでしょう。
マイラバの「Topics」というアルバムに入っている曲。
僕とマイラバの出会いってのは、やっぱり「Hello Again」でしょう。ちょうど高校三年生で、受験に向かっている頃にヘビロテしていた曲でした。その後、この「Hello Again」は、自分にとってのLife TIme Bestとも言える存在になりました。
一方の「赤いグライダー」。
そこまではいかないものの、たまに聞いて、心が清々しくなる思いをさせてもらっています。
この曲の何が好きかというと、リードギターの演奏。マイラバの持ち味とも言えるAkkoの透き通るような歌声。この方は、正直あんまり歌が上手じゃないけれど、この声はとても魅力的だと思う。
イントロのリードギターは、秋の澄んだ高い空を想像させてくれる。
どこまでも深い深い青空に、赤いグライダーが滑空する。
とても爽やかな曲調だけど、歌詞は失恋を歌ったもの。きっと誰にとっても、それぞれにとって失恋経験は、唯一かけがえの無いものなんだけど、その中で敢えて「二人が出逢って別れた ただそれだけの、無数の中のひとつの話なのにね」と一歩引いて強がって見せている。
そんな歌詞の構成もグッド。

「秋の澄んだ 高く深い青空」のイメージが、清々しい気持ちになる一曲です。
[PR]

by masa-stones | 2011-11-16 23:23 | 音楽に語る | Comments(2)  

Commented by a.rose at 2013-10-11 09:20 x
コメント失礼します。赤いグライダー 大好きな曲です。マイリトルラバーの曲で一番好きです!歌詞とメロディがなんだか寂しいようななつかしい感じがして 自分でも不思議なのですがとても好きなんです。記事を読んで嬉しくてコメント書かせていただきました。
Commented by masa-stones at 2013-10-12 21:57
コメントありがとうございます。歌詞とメロディの寂しさと懐かしさ、私も同じような感覚になりますね。

<< そんなの関税ねぇ はいっ、TPP! 一眼レフ始めました。 >>