母校へ

c0150209_23494232.jpg

この風景。
かつて、何度も何度も眺めたものだ。
横浜の港を望める丘の上。僕の通っていた高校。
いつまでもそこにあるものだと思っていても、時の流れとともに消えていく事もある。
ティーンの3年間を、この校舎で過ごした。
でも、ついにこの校舎が取り壊され、新しい校舎に建て替えられることになった。しょうがない、この校舎が建てられたのは、昭和39年。もう築47年が経過しているわけだし。
だから、高校の仲間と共に、校舎にお別れをしに、母校を訪問した。
c0150209_23532140.jpg

神奈川県立高校では、珍しく学食があった我が校。
卒業後、いっとき廃止されたと聞いていたが、覗いてみると、メニューが貼られていた。どうやら、いまは営業している・・・ようだ。
懐かしい。
よく2時間目が終わると、仲間を連れ立って学食へ赴き、「半うどん」を食べたものだ。
この「半うどん」とは、通常一杯180円程度のかけうどんを、二杯に分けて出してもらうというもの。だから、お腹いっぱいにはならず、小腹が空いたのを満たすための、オヤツみたいなものだった。しかし、ここの学食はあんまり・・・な、味だったっけ。
普通、カレーライスって、どうしたってそれなりの味がするもんだったけど、この学食のは、どうも旨くなかった。でもメニューがあんまり無いので、時々しょうがなく食べてた。
出来れば、もう一度食べてみたいなー。
c0150209_021781.jpg

そして、僕の青春時代そのものがあった、テニスコート。
とにかく、コンティションが悪く、どんなにローラーを引いても平らにならない曲者。おまけに水はけが異常に悪く、雨上がりはなかなか練習が出来なかった。
とは言うものの、そんなに一生懸命やったとは言い切れない部活動だった。当時は、何かを必死に頑張ってやってみることの楽しさを、僕は理解出来ていなかったんだろうな。
だから、全くといってほど、テニスの腕前は上達しなかった。
このテニスコートともお別れ。寂しいものだ。

卒業してからも、僕は何度か高校を訪れていた。
でも、改めて眺めてみると、気の毒なほど、校舎の老朽化が進んでいた。今でも生徒は通っているわけで、これじゃ、あまりにも可哀想すぎる。そもそも校舎の耐震性に問題があるようだし、やはり建替えは避けられないのだろう。
卒業生にとっては、ずっとそのままで居てほしいのは山々なのだが。

でも、廃校となる高校も多い中、建替えられることになった我が母校は恵まれているだろう。
かつての姿は消え去っても、学校そのものは今後も残るのだから。

さらば、そしてありがとう、我が母校!
[PR]

by masa-stones | 2011-02-18 00:07 | 由縁 | Comments(2)  

Commented by den at 2011-02-18 19:55 x
懐かしいな~ 毎日近くを車で走っているけど、なかなか あの急坂を登る元気がなく・・・壊される前に私も行ってみるよ!!
女子の制服が数年前に変わったの知ってた?
Commented by masa-stones at 2011-02-19 23:42
そうそう、同窓会の会報誌が送られてくるので、一応知ってるよ。でも、どんなデザインなのかは知らないや。
驚くほどの荒廃ぶりだよ。是非行ってみて!

<< Finally, Baby i... 散歩散歩 >>