New Zealand 旅行記 その5 

タウポで迎える朝。
楽しかったNZ滞在もこの日でおしまい。
サーマルパーク系はもういいや的な我々がいるのが、タウポ(汗)。
取りあえず、何はともあれ腹ごしらえ。
ダウンタウンにある「Fast & Fresh Bakery Cafe」で、各種パンを購入してお持ち帰り。
c0150209_23213100.jpg
ここでシーフードチャウダーを注文したところ、スープを温める、と言われて待たされること10分。結構長かった。
その間、地元のおばちゃん、お姉さん、警備員のおっさん、とが出入り。
いい感じに枯れている警備員のおっさんは、手慣れた感じでミンスパイを摑んで、レジに並んでいた。その様子を見ていて、自分の日本の人生と、この人のNZでの人生の、決して交わることの無いであろうお互いの生活のことを思った。この人が朝飯を食べているこの時間に、3時間遅れの日本で自分はベッドから抜け出して出勤の支度をしている。こんなに近くに僕らはいるけど、互いに存在しないも同然なんだというのが面白いし、お互いを囲んでいる世界は、似ているようでまるで別世界・・・。そんなことを考えていたら、スープが温まったって呼ばれた。あーあ、パンが付いてきた。ミンスパイ買っちゃったよ。
そうだよね、スープにはパンが付くんだよね。NYだとクラッカーなんだけどな。朝からこんなに食べられん。

c0150209_23272282.jpg
朝食後、タウポ湖を散策&子供を放牧。
静かな湖面の遥か前方に浮かぶ島・・・。あれ、本当に浮かんでる。
なんと蜃気楼です。島が楕円形になってしまい、さながら目のような形になっていました。まるで、ロードオブザリングのサウロんの目のようで、子供が面白半分で怖がっていました。
この島以外にも、湖面の遥かさきに不思議な物体が浮いていたりして、思いがけず蜃気楼が見えて面白かったですよ。
この後は、わずかな時間を活用して、子供を公園で遊ばせ、一方でスーパーに行ってお土産を買ったり。

実はちょっと焦っていたのは、12時にアラティアティアのダムが放流するのを見たかったからでした。
用事を済ませ、昼飯を調達して、カーナビをセット。アラティ・・と入力したら予測表示でアラティアティアと出たのでセット。
そしたら、若干違う場所に導かれてしまって、やり直し。すでに12時を10分ほど過ぎて、ようやくダムへつきました。
すでに放流してしまっていましたが、その激流の凄まじさは、なかなかのもの。ぜひ、使用前を見たかった。
でも、ダムが閉じられると、激流が見る見るうちに静まり返っていったのは面白かった。
c0150209_23342318.jpg
その後、車で2時間。ワイトモまで移動。
ご存知ワイトモケーブです。ツチボタルの住む洞窟のツアーです。
残念ながら写真はNGだったのですが、まるで「天空の城ラピュタ」の飛行石のように、神秘的な青い光が洞窟で静かに輝いていました。
洞窟を降りていくと、地底湖・・・というよりは、地底川?があり、そこからガイドが縄を伝ってボートを移動させます。ボートから眺める天井は、まるで星空のような青い光で満ちていました。
そして、子供が少し騒ぐと、ガイドに静かに!と注意されてしまいました・・・。ごめん。
洞窟を抜けたところが、上の写真。
意外と川の水は白濁していましたが、石灰岩の洞窟なので、こんなもんですかね。
やはりこの洞窟でも、自分の現実とこの洞窟とが、断絶と言ってもいいほど隔てられた世界なのだと考えさせられました。逆にいえば、世界は広い。自分のおかれた世界なんて、本当にちっぽけなんだなと、頭では知っているつもりのことを、肌身に感じた瞬間でしたね。
こういうことを改めて感じさせてくれるのが、海外旅行の素晴らしいところなんだな。

NZ旅行。
短かったけど、友達のおかげもあって、楽しかったです。
でも、いかんせん物価が高い。
どんどん恐ろしいほど出費してしまうのが、この国の難点だな。




[PR]

# by masa-stones | 2018-08-08 23:42 | 旅情編 | Comments(0)  

New Zealand 旅行記 その4

NZ滞在4日目。ロトルアの朝は、さすがに内陸部、かなりの寒さでした。
朝食はモーテルから歩いて行ける距離にあるパン屋さん「Gold Star Patrick's Pie」で、ミンスパイをゲット。
c0150209_23444928.jpg
思えば、まともにミンスパイを食べるのは初めて。
NZのパイコンテストで何回も賞を取っている実力派のお店でした(←どれだけ権威のあるものかは不明)。
ただ、持っただけでズシっとくるほどの重量感。朝食でこれ1つ食べるのも、結構至難な感じですよ。
c0150209_23490859.jpg
さて、この日はロトルアにあるマオリ文化の伝承を目的に創設された文化センター「Te Puia / Te Whakarewarewa Thermal Valley」を訪問。簡単い言えば、マオリのテーマパークプラスαってところでしょうかね。地熱地帯の風景や間欠泉、飼育されているキーウィを見られて、おおよそ1時間程度でゆっくりと回れます。ここを見れれば、他のサーマル系の自然景観は、わざわざ行かなくても十分なかもしれません。もちろん、どこに観光の重きをおくかによりますけどね。
c0150209_23530263.jpg
ここの良いところは、何と言ってもマオリの伝統芸能のショーが見られて、しかも写真撮影可能という点です。
NZのオールブラックスも披露する伝統の「ハカ」には、かなりの迫力で惹きつけられます。
また、観客が舞台に上がってからの、演舞の簡単なレッスンもやってくれますよ。僕と息子も「来い」と言われて参加。みんなで「ガンバッテガンバッテー」とやるのはとても楽しかったね。
c0150209_23554524.jpg
そして!ランチは、マオリの伝統食であるハンギ料理!確か17ドルくらいだったかな?園内のカフェで注文できます。
ハンギ料理は、地中に掘った穴に焼いた石を入れて、蒸し焼きにする調理方法ですが、ロトルア地方とかでは地熱を利用していたとか。
この日まで食べてきた、ハンバーガーとかフィッシュ&チップスとかとは、一線を画す料理でしたよ。とても素朴だし味付けもシンプル。だからこそ良いのかもしれません。オススメですよ。
c0150209_00020116.jpg
ランチ後は一路タウポ方面へ。
NZでもっとも観光客が訪れるというフカ・フォールに立ち寄りました。
落差は大したことないのですが、その圧倒的な水量に度肝を抜かれます。濁流と言うと濁っていそうですが、濁ってはいない、深いブルーの色をした水の濁流でした。とにかく凄いです。
そして、我が家はここで催行されている、フカ・ジェットに乗ることに!
ジェットボートです。水上を時速約80キロくらいで走り、また水深が10センチくらいでも航行できるツワモノです。
一人125ドル・・・高すぎ!子供は身長1m以上で乗れます。4歳の娘はギリギリクリアー。無邪気に船に乗るのを楽しみにしている様子を見ていると心が痛みます(←それほどでもない)。水上を右へ左へ急旋回、猛加速を繰り返すと言うジェットボートの暴れん坊ぶりに、4歳の娘はかたまっていました。ごめんよ、ムスメ。
ただ、これは、大枚をはたいてでも乗る価値があります。絶対にオススメです。
お楽しみは猛スピード直進からの360度ターン!びしょ濡れになりますが、乗客全員大騒ぎで大喜びです。

とにかくオススメです。
今回のNZ旅行のハイライトでしたよ。



[PR]

# by masa-stones | 2018-08-01 00:07 | 旅情編 | Comments(0)  

この道わが旅

今日の一曲「この道わが旅」by すぎやまこういち

多分僕の人生において、特別な位置に居座る曲です。
確かにThe BeatlesとかThe Beach Boysとか、他人に胸張って言えるようなBest Favoriteな曲も幾つもあるけれど、僕にとっては同じようにBestな曲です。
これは、ご存知の通りゲーム、ドラゴンクエスト2のエンディングテーマの曲です。
この曲に出会ったのは9歳の時。今から31年前。もちろんファミコンでドラクエ2をクリアした時のことでした。
このゲームはとても難しく、クリアするのは小学3年生にとっては難しいものでした。ようやくクリアしたときに聴いたこの曲。なんていい曲なんだろうと思ったのでした。それから少しだけ時が流れ、5年生の時の親友が、ピアノでこの曲を弾いてくれたとき、驚くほど感動を覚えました。

自分もいつか、ピアノを弾いてみたい。
だったらやればよかったのに。
でも、ピアノを弾くなんて女のやることだと決めつけて、親が勧めても僕は決して習おうとはしなかった。

それから30年。
息子がピアノを習っているのを見て、ふと自分もやってみようかなと思った。
もちろん、「この道わが旅」を弾きたかったからだ。

そして、ようやく、下手だけど一通り弾けるようになった。
納得できるレベルではないけど、でもやり遂げられたのは正直嬉しい。チャンスをくれた息子に感謝だな。

これが僕に多大な影響を及ぼしたもの↓。
そして上手に弾けるとこんな感じ↓。


[PR]

# by masa-stones | 2018-07-29 22:52 | 音楽に語る | Comments(0)  

New Zealand 旅行記 その3

NZ滞在3日目。
平日だし、あまり何日もお世話になるわけにもいかないので、友人ファミリーとはここでバイバイ。
レンタカーで、一路マタマタにあるホビット庄へ!
今回のNZ旅行のハイライトです。
マタマタのホビット庄へは、オークランド空港から約2時間。
c0150209_11431351.jpg
レンタカーなので、チケットカウンターのあるシャイアーズレストまで直接GO。
少し余裕のある路程だったので、レストのカフェでゆっくりとランチ。
シャイアーズレストからは、ツアーバスに乗り込み、いざホビット庄へ。ロードオブザリングに出てくるホビット庄そのものが、目の前にありました。ロードファンの妻は大興奮です。
私は特にファンではないのですが、事前に映画を見ていたので、とても目を惹かれました。
c0150209_11465515.jpg
ガイドさんに連れられて、ホビット庄をゆっくりと観光すること1時間ちょっと。
途中、ガンダルフが馬車で通り抜けた道。フロドの家、サムの家、祭りのあった広場、居酒屋のグリーンドラゴン等々、ファンにはたまらないアトラクションですね。
ツアーの最後に、グリーンドラゴンでビールとか飲み物を飲めるのですが、ドライバーの僕はノンアルコールのジンジャービアを注文。
ほんの少し舌にピリピリとくる刺激のある、甘いジンジャーエールみたいなこと感じでした。
ツアー終了後は、次の目的地のロトルアへ。
c0150209_22095260.jpg
ロトルアは一大観光地。
とはいえ、シーズンオフのせいか、街は静まり返っているといった印象でした。
ダウンタウン?のEAT STREETに10数軒のレストランがありましたが、子供達のチョイスでSOBARというバーに入店。まあ、観光地なので、子供が入っても何も言われません。と言うよりも、先客は1人だけ。
メニューを見ると、ハンバーガーにピザにフィッシュ&チップスといった、いつもの面々。その中に、なぜかダンプリンが混じっていました。一皿10ドル、早速注文です。水餃子のような焼き餃子のような感じで、ピリ辛の山椒を炒めたような香辛料が添えてありました。
これが旨い。実に旨かったです。

宿に選んだ滞在型のモーテルには温泉があって、それを活用した温水プールも併設されていました。BBQスペースや、トランポリンもありました。敷地内はキックボードで走り回れます。施設内でも、そこそこ楽しめるようになっているんですね。

しかし真冬の山あいのロトルアは、夜はかなり厳しいくらいの寒さになります。
なのに、子供達は夕食後に温水プールに入りたがり、ぎゃあぎゃあ・・と。
結局全員で寒空の下、部屋から約20mほど離れた一角にあるプールへ走りました。
入っているときはいいんです。だって、水温は35度くらい。でも、プールから出た時の寒さは尋常じゃない。水着を着ているので、真っ裸よりも寒い。そのまま、寒さを我慢して、別の方向に30mほど離れた一角にある温泉へ走りました。

ちなみに、源泉の温泉は、顔にお湯をつけてはいけないのがNZ。
源泉には体に害を及ぼす微生物が含まれていて、これが体に入ると最悪の場合死に至るほど、ヤバイやつなんだそうです。
だから、温泉の近くにある注意書きとか、スタッフに確認するとかして、事前にリスクを把握しておく必要があります。
うっかり、日本の温泉みたいに顔をゴシゴシして、ふいーっ、なんてやると、そのまま天国へ、と言うことになりかねないのです。
マジです。
c0150209_22232634.jpg
ロトルア湖。
NZ北島で2番目に大きい湖ですって。




[PR]

# by masa-stones | 2018-07-29 22:24 | 旅情編 | Comments(0)  

New Zealand 旅行記 その2

NZ滞在2日目は、雨季だけに午前中は雨模様。
でも午後には止むとのことだったので、午前中はスーパーへ繰り出しお土産を購入。
New Worldという、ランクとしてはややアッパーなスーパーへ。我が家は外国に来たらスーパーへ行くのが欠かせません。
その土地の生活感を味わうにはもってこいですね。それにお土産的にも、観光客向けのものを買うより、こっちの方がいい物を選べる・・・というのが信条です。

そして雨が止んだ昼下がり。
オークランド近郊にあるワイナリー、Villa Maria Wineryへ出発。
c0150209_13530582.jpg
子供とホストの友人をさておいて、我々はテイスティング!
ワインの味はよく分かりませんが、飲み比べるとどれが好みなのかが良く分かります。
1人10ドルで、白ワインを4本、赤ワインを4本、ロゼを1本、そしてデザートワインを1本、試飲させて貰えました。
説明されても分かんねーのですが、お兄さんが丁寧にブドウの種類、栽培された土地の風土、味わいについて説明してくれました。ワイン関連の単語の知識は持ち合わせていないので、ふむふむと頷きながらも、ほとんど分かってない東洋人。
c0150209_13565594.jpg
子供たちが腹減ったと騒いでいたところ、ようやくランチタイム。
キッズメニューのほか、ラムとビーフを注文。
昨年に引き続きなのですが、私はラムは苦手。日本では、自分から食べることは多分ありません。
が、ここは南半球のNZ。ラムは新鮮なのか、例の臭みはほとんどなく、実に旨いです。臭みがないと、ビーフに負けず劣らず、むしろビーフを凌駕するような旨さなんですね。
結構お値段高めでしたが、やはりワイナリーのご飯はおいしい!日本の酒蔵も、併設のレストランは美味しいですよね。
c0150209_14000930.jpg
この日は、オークランドに戻って来てから少し時間があったので、友人の子供達が通う小学校へ連れって行ってもらいました。
ここは1年生の教室。日本の教室とは随分違いますよね。
なんか、ほとんど勉強らしい勉強はしないそうで、親は学力のことを心配していました。半分保育園のように、遊んで過ごす時間が多いそうです。また、日本のように同じ教科書で同じ部分を同じ進み方でクラス全員が勉強するのではなく、親と先生が面接・相談した結果の方針を持って、個々の児童にそれぞれの課題が課せられて、みんな別々のことをやっているんだそうです。先生大変そう・・。そして固定の席があるわけでもなく、自由席で勉強をするとのこと。床に転がってやっている子もいるんだとか。
給食は無くてお弁当。しかも3食分持たせるとのこと。朝登校後、多分10時すぎくらい、そしてお昼、と3回食べるんですって。それを親が用意するんだから、これは大変です。
共働きの親のために、午後3時過ぎの放課後、午後7時くらいまで学校が子供を預かってもくれるそうです。学童保育っすね。
c0150209_14062907.jpg
この日の夜は、友達の奥様の素晴らしい手料理で夕食。
実に美味しかったし、お話も大盛り上がり。
そしてNZワインが世界的に知られるようになったきっかけとなった、CLOUDY BAYで乾杯!
友達も自分もワインの味があまり分からず、全員で何でこれが人気なんだろう?と首を傾げつつも、ガブガブ飲んでしまいました。
暫くしてから、ん、おいしい、と気づいた私でした。
オークランド2日目の夜は、おいしい料理とお酒、そして大盛り上がりな話で更けていきました。

[PR]

# by masa-stones | 2018-07-28 14:08 | 旅情編 | Comments(0)