時の流れとは、さも残酷なことか。と言うほどの話ではないのだが。

c0150209_21134533.jpg
葛西駅から少し歩いたところにある、このラーメン屋に通い始めて、恐らくはもう18年くらいになるだろうか。
かつて、実によく客が入ってて、深夜でも並ばないと入店できないものだった。
ここ数年は、いつ行っても待たずに入れるし、正直がら空きだ。輝かしきあの日々は遠くなりにけり。

楽しみを胸にしまい、わざわざバスに乗って出かけたこの店。最近の傾向どおり、がら空きだった。
かつての大将の姿はなく、18年前に、この人は大将の息子だろうなと思ってた人が、いまは大将のようだ。

大将の年齢の重ねぶりを見て思う。
この人が仮に僕を覚えていたのなら、18年を重ねた僕を見てどう思うのだろう?いい年の重ね方をしてきた見てくれをしているのだろうか?それとも。。??
大将は、年輪を一つずつ重ねて、少しずつ枯れていくような年の重ね方をしたみたいに見える。18年前は、まだ若さを前面に出して、明るく人懐っこい性格丸出しのような若者だったけど、いまはすっかりオジサンになってしまっている。
ただ、最後の支払いの時の対応は、かつての若者のまま、人の良さが滲み出ていた。

良い年齢の重ね方をしたいものだ。
老け込みたくないし、人間的に年を取りたくない。
どうしたら、ショーン・コネリーとか、江口洋介みたいな、素敵な年齢の重ね方ができるのかなあ。

久々のラーメンは、普通に美味かった。
衝撃を受けるほど美味かった、18年前のラーメンとは違くて、ラーメンも年を取ってしまったかのようだった。
でも、依然として、僕はこの店はお気に入りだ。
また来ようっと。
それまで、大将もラーメンも僕にも、どうぞ素晴らしい毎日でありますように。


[PR]

# by masa-stones | 2017-06-16 20:41 | 由縁 | Comments(0)  

亀戸水神宮

c0150209_10232736.jpg
夏の祭礼の時期なので、提灯とのぼりが飾られた亀戸水神宮。
亀戸天神や亀戸香取神社と比べると規模が小さく、まさしく地元集落の守り神的な雰囲気が漂います。
僕はほぼ毎日こちらの前を往来しているので、時折参拝をしているのですが、小さなお社なれど、凛とした空気の漂う素敵な神社で、とても惹かれるものがありすね。
御鎮座500年くらい。この辺りに人々が住み始めたころに、水害防止を祈願すべく勧請されたとか。
明治時代までは、お社は鬱蒼とした森に囲まれてたそうで、周辺には水神森という呼称が残ってますが、いまは見る影もなく。。水神森を見てみたかったなあ。
地域の人々の崇敬を集め、守られてきた水神様は、いまも亀戸を見守り続けてくださってます。

[PR]

# by masa-stones | 2017-06-11 10:22 | 由縁 | Comments(0)  

パパと子の3日間

ママが結婚式に参加のため奥州へ。
3日間、パパと子供で過ごすことになりました。
細かなことは、ともあれ、面白かったことを羅列。

①子供ら泣く@羽田空港
ママが旅立つ際に、セキュリティゲートにて、3日間のお別れの時。
挨拶でもするのかと思えば、近くの売店のおもちゃに夢中になり、あっさりママを送り出す子供たち。
ママがセキュリティゲートに消えて行ったあとのこと。我に返った子供らは、急に「ママ!」を連呼。滑走路を眺めるデッキで飛行機を見送ろうかと思ったら、二人とも父に反旗を翻し、「ママがいい!」と猛烈アピール。
いやいやいやーー!だから、ママとしばらく会えなくなるから、出発前にいっぱい甘えとけ!ってゆーたろーが!なんで今頃なんじゃい!
その後帰路につくも、京急羽田空港駅で、寂しさにえんえん泣く子供たち。
やれやれ。

②足くっさーい事件
娘は、なぜか靴下を履くのを嫌がる時がある。特に保育園から帰ってくるときは、ほぼ毎日嫌がり、石田純一顔負けなくらい、裸足で靴を履くのが好きになっている様子。なので、家に帰ってくると、足からかぐわしい香りが漂う、、、という3歳女子。
さて、この休み中の、とある夕方。お家に帰ってきた娘の足から、それはそれはかぐわしい香りが・・。靴下を履いていたにも関わらず、だ。
このためパパと一緒に風呂場で足を洗い、まあそれなりに綺麗になったハズ・・・と思ったら、しばらくしてから、「なんか足くっさーい!」と再び娘。
今度は念入りに石鹸で足をゴシゴシ洗って、ひと段落。そのあとも、「なんか足、ちょっとくっさーい!」と連呼。「お父さん指のところがくっさーいの」と、ちゃんとポイントをつかんでいる娘。
やれやれ。

③あらかわ遊園、孔雀事件
遊びに出かけた、あらかわ遊園には、子供が動物と触れ合えるスペースに、なんと孔雀がいる。
オスなので、時々羽を扇のように広げて、自己PRをしているのだが、これが正直、邪魔以外の何物でもない。
こいつが、動物ふれあいゾーンのあちらこちらで羽を広げて、優雅(?)にウロウロするものだから、人間が往来するのを邪魔してしまう。隙間が空いて、通ろうとすると、急に孔雀も動き出し、扇を扉のようにして、通路を塞ぐのであった。
孔雀、邪魔じゃん、なんて、生まれて39年にして、初めて思った。

④息子いいこというじゃんの件
夕飯を外で済まそうと、子供二人を自転車に乗せて出かけたら、夕立の前触れで、雷がゴロゴロ、雨がポツポツ。
仕方なく、イートインではなく、お持ち帰りにすることに。
店で持ち帰りを注文し、いざ帰ろうとしたら、そこそこな大粒の雨に変わっていた。
そして自転車で10分間、たっぷりびしょ濡れになって帰ってきた3人。
雨が嫌いな僕。イライラ丸出しで雨に悪態つくという、大人げない僕。
でも、自分が外食しようと決めて出かけてしまった結果、大粒の雨に打たれるようになってしまった子供たち。風も冷たかったので申し訳なくなり、マンションの駐輪場に着いてから二人に「出かけなきゃよかったね、ごめんね。びしょ濡れになっちゃって。」と言った。すると息子が「パパのせいじゃないよ、雨だから仕方ないよ。謝らないで」とのこと。「優しいこと言うねー。でもパパは君たちが濡れちゃったから申し訳なく思っちゃったんだ。優しいこと言ってくれてありがとう」と言うと、「パパがいつも優しくしてくれるから」だって。
うーん、ジーンときてしまった。

⑤おまけ
「あらかわ遊園」に行ったことが、娘は楽しかったようで、家に帰ってきてから「なんか、お馬さん(メリーゴーラウンド)と、イモムシさん(ジェットコースター)、楽しかったねえ。」と5回くらい発言。
よっぽど楽しかったんだろうな、連れて行って良かった。

c0150209_23151115.jpg
3歳から乗れるジェットコースター、「ファミリーコースター」。
かなり不気味なデザイン・・・誰がなんでこんなのを?と思ってしまうくらいシュールなデザインです。

[PR]

# by masa-stones | 2017-06-05 23:16 | 日常に語る | Comments(0)  

羨ましいなあ

c0150209_00163291.jpg
息子はピアノを習い始めて2年。
あまり好きではなさそうだけど、今でもレッスンに通っています。
イヤイヤながらも、家で練習をする息子。
しっかりと、楽譜を読みながら鍵盤を見ないで弾いていました。
僕にはできないこと、彼にはできるんだな。
羨ましい。
30数年前に、母がピアノ習えば?と問いかけ、「やだ」と一蹴した自分が恨めしい。ピアノが弾けたら、どれだけ人生が豊かになったことだろう(←大げさかな?)。



[PR]

# by masa-stones | 2017-05-31 00:19 | この頃思うこと | Comments(0)  

潮干狩り@富津海岸

c0150209_23313505.jpg
多分、30年くらいぶりの潮干狩りに行って来ました。
もしかすると、ハマグリも取れるかも?という富津海岸です。
子供達の保育園友達の4家族で、朝から高速飛ばして行ってみたら、すんごい人出。
入浜時間は10時だったのに、1時間前からすんごい行列になっていて驚きました。恐るべし潮干狩り。

みんなで遠浅の干潟に飛び出して、潮干狩りスタート。
結構面白いですよね。熊手でゴリゴリやると、コツッと何かに当たる。そこをほじほじすると、何かしらでてくるという、面白い!
のんびりしてたら、突然静寂を破られ、居場所から引き剥がされる貝にとってはたまらないよね。でも、すんません、こっちは楽しい。そして、結構ハマグリいました。はまぐりは、居る場所と居ない場所がはっきり分かれて居るようなので、ハマグリの貝殻が落ちているあたりを中心に攻めて行くと芋づる式に発掘できるようですな。

貝たちは砂の表層にはあまり居ませんね。
少し掘って、砂が冷たくなるあたりの層にお住いの様子。2時間半くらいで、結構取れました。追加料金がかからない程度に貝を選別して、計5キロお持ち帰りしました。
c0150209_23383980.jpg
家に持ち帰って来たら、みんなリラックスモードでのんべんだらりでした。それもそのはず、海水で満たした発泡スチロールに、保冷剤を放り込んで、冷涼な感じにしてあげたのでした。箱の中から、ゴソゴソという音と、ビューという音がして居て、かなり賑やかです。ひとまず今晩は、砂抜きのため、こんな状態でキープ。なんかアサリとかは、この後の運命を思うと、ちょっと可哀想になってしまいます。
でも、美味いんだよな。あは。

c0150209_23414965.jpg
この頃、立て続けに訪れている、富津、竹岡、金谷の内房。
今日は浦賀水道を挟んで神奈川方面の夕焼けが綺麗に見えました。
大きなコンテナ船が行き交う海。対岸の神奈川、久里浜。海にまつわる日本武尊と弟橘姫の伝説。のんびりとした内房のさざなみ。
美味しい海鮮料理を食べ、磯遊びをして、温泉に浸かって眺める夕日。
最高ですねー。
内房LOVEです。また子供達と訪れたいですな。






[PR]

# by masa-stones | 2017-05-28 23:45 | 場所に語る | Comments(0)